スポンサーリンク

今週もやってきました要塞戦!

今日はユージンサーバー5回目の要塞戦ですね。

それでは、注目の対戦カードの直前分析いってみましょー。

注目の対戦カードは?

今日、注目するカードはこちら。

 

  • BUFFALO vs Hive(SR要塞戦)
  • Campanello vs ~帝~(R要塞戦)
  • ZodiacBrave vs PepeLeMoko(N要塞戦)

 

3試合をピックアップしました。

(今週から出身サーバーに関係なく注目していきます)

 

データの補足

  • データは 5/19(土) 10:50 のものです
  • 先週情報は 5/10(木) 深夜のものです

 

BUFFALO vs Hive

各血盟のデータはこちら。

5/19 BUFFALO vs Hive

5/19 BUFFALO vs Hive 職構成

きましたねー、トップ血盟同士の戦い!

数値だけで予想するのは難しそうだったので、各血盟のレベル186以上の方の職を調べてみました。

 

驚いたのが、Hiveの職構成。

スペルシンガーが8人、シルバーレンジャーが4人、ガーディアンが3人。

素晴らしく要塞戦向きです。

スペルシンガー8人って凄まじく脅威です。

 

それと比較してしまうと、BUFFALOの職バランスの悪さが目立ってしまいます。

しかし、サーバートップの戦闘力を誇るかわしょさんをはじめ、血盟単位で高レベル者が多い。

血盟単位でまとまってレベル上げをしたのではないでしょうか。

連携力の強さがうかがえますね。

 

要塞戦参加予想人数は、あまり予想するまでもなく、どちらも50人に近い規模でしょう。

まさしく総力戦です。

 

職バランスからいくとHive優勢といった感じです。

BUFFALOはスペルシンガー(あぶないスケベシンガーって書きそうになったw)8人に対応できるかがカギになりそうですね。

 

Campanello vs ~帝~

各血盟のデータはこちら。

5/19 Campanello vs ~帝~

今週の総戦闘力に差があるように見えますが、結構接戦になるんじゃないかなーと思います。

 

Campanelloはレベル186以上の人が少なく、アクティブな人が少ないのかなと思いがちですが、名声値の上昇が低いわけではないですし、185の方が6人いるのでレベル上げペースがやや遅いだけのようですね。

 

というわけで、要塞戦参加予想人数はCampanelloが39人前後。~帝~が40人前後です。

 

どちらの血盟も仲良くCognoscentiに敗れていて、これもまたおもしろいですね。

ここを物差しに使わせてもらうとすれば、Campanelloの方がやや持久戦寄り、~帝~の方がやられてもいいから突撃という感じで短期で決めにいくタイプなのかもしれないですね。

~帝~は長期戦になると、要塞戦復活券と赤ダイヤへのダメージが痛くなりそうです。

Campanelloも4/28の被ダメが大きいので、似たようなものかなあ?

 

ジュードサーバー出身同士でお互いの手を知っているだけに、おもしろい戦いになりそうです。

 

ZodiacBrave vs PepeLeMoko

各血盟のデータはこちら。

5/19 ZodiacBrave vs PepeLeMoko

ZodiacBraveの方が優勢に見えますが…。

 

この戦いはちょっと別のところに注目しています。

それは…

両血盟とも過去の蓄積被ダメ(ポイント)が大きい。

結構要塞戦復活券と赤ダイヤを割っているんじゃないですかねー。

 

これだけお財布にダメージを受けながらも熱い戦いを求める姿は格好いいですね。(>_<)

というわけで、長期戦になるとお互い財布で殴りあうような姿が目に浮かびます(涙)

 

要塞戦参加予想人数は、先週の値が参考になるのではないかと思います。

ZodiacBraveは血盟員数が上下するので非常に読みにくいのですが、32人前後。

PepeLeMokoは血盟員数が先週より増えていますが、少し名声値の上昇が落ちているので28人前後と予想。

 

レッドダイヤ殲滅戦。さぁ、どうなりますか?

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の要塞戦は、少し入札の動きがいつもと違い、やや消極的な戦いが多い印象です。

 

しかし、とうとうSR要塞戦で熱い戦いがきました!

いやー、どうなりますかねー?

皆さん注目の一戦ではないでしょうか。

あとは結盟の契りとの一戦も見てみたいところですね。

 

その他は、Cognoscenti子にふられたもの同士の失恋の戦いと、レッドダイヤを賭けたお財布の戦いに注目。

さぁ、今日もがんばっていきましょー。

 

それでは、また。

Twitterでフォローしよう