スポンサーリンク

ヴェンデッタの対人コンテンツの1つである占領戦。

皆さん、楽しんでいますかー?

 

今回はその占領戦をより楽しむために、占領戦の仕組みを徹底解説しちゃいます。

 

ルールの確認から

まず、占領戦のルールを確認しましょう。

占領戦は下の図に示す、コア拠点および通常拠点を占領して得られる点数を相手より多く獲得することによって勝利を得られるゲームです。

 

 

ここで重要なのは、拠点を占領して得られる点数を獲得するゲームだということ。

相手を倒しても点数は稼げません。

なので、いかに拠点を占領するかが重要になるんですね。

 

 

この拠点を占領して獲得できる点数が先に5,000点集まった連盟、もしくは12分経過したときにより多くの点数を獲得している連盟が勝利となります。

 

 

コア拠点と通常拠点の違い

占領戦を行うと、リーダーから中央に攻めろー!って指示がよく飛びますよね。

中央というのはつまり、コア拠点があるところです。

 

そんなにコア拠点が重要なんでしょうか?

ここで点数獲得の仕組みを詳しく見てみましょう。

 

拠点を占領したときに獲得できる点数
■通常拠点(全部で4ヶ所ある)
3秒占領するごとに10点獲得できる
■コア拠点(中央に1ヶ所だけある)
3秒占領するごとに28点獲得できる

 

こうなっているんですね。

少し計算してみましょうか。

 

■ケース1

○自:コア拠点+通常拠点 ⇒ 3秒ごとに48点獲得

●敵:通常拠点 ⇒ 3秒ごとに20点獲得

獲得点数に倍以上の差がつく! 余裕余裕♪

 

 

■ケース2

○自:コア拠点+通常拠点 ⇒ 3秒ごとに38点獲得

●敵:通常拠点 ⇒ 3秒ごとに30点獲得

差は縮まってきたけど、まだ自陣が優勢

 

 

■ケース3

○自:コア拠点+通常拠点0 ⇒ 3秒ごとに28点獲得

●敵:通常拠点 ⇒ 3秒ごとに40点獲得

獲得ポイントが逆転しました!

 

 

いかがでしょうか?

なんと、コア拠点を1つ占領された場合、通常拠点を4ヶ所取らないと点数で負けてしまうんですね。

 

このくらいコア拠点の重要性というのは大きいんです。

 

 

チェック

コア拠点を取られると、残り4つの通常拠点全てを占領しないと逆転できないくらい差がついてしまう。

 

 

スポンサーリンク

施設の役割を覚えよう

ルールがわかったところで、次は施設について役割を見ていきましょう。

 

コア拠点、通常拠点

一定時間、手をかざす(以後、刻印と呼ぶことにします)ことによって占領することができます。

占領状態になると、ミニマップで赤または青色に表示されるようになるので

わかりやすいかと思います。

 

占領状態

左から順に、占領していない、自連盟が占領、敵連盟が占領した状態

 

刻印は、刻印中の人にダメージを与えることによってカット(邪魔)することができます。

 

 

投石器

  1. 基地内にある補給地点を調べて補給品を獲得する
  2. 投石器を調べて修理を行う

 

これを繰り返し、修理ゲージが40に到達すると、投石器が使用できるようになります。

ただし、投石器を使って攻撃できるのは『支援役』のみです。

 

 

アドバイス

修理は『支援役』のキャラが行うと1回につきゲージが10上昇しますが、他の役割のキャラが行うとしか上昇しません。

ゲージ40に必要な修理回数は…。わかりますよね?

修理は『支援役』に任せるようにしましょう。

 

 

ここで、チュートリアルをおさらいしてみましょう。

まず補給地点を調べて補給品をゲット。スタート地点のすぐ隣にある緑色に光っているところが補給地点です。左右に1ヶ所ずつあります。

補給地点を調べて…

 

 

それを投石器まで運んで投石機を修理します。

投石機を修理します

 

 

修理が完了したら、投石器に搭乗して…

投石機に搭乗します

 

 

砲撃拠点を決定! (おススメは中央だよ!)

砲撃拠点を決定

 

 

照準を定めて、ドーーーン!

狙いを定めてドーーーン!

 

こんな感じです。

 

中央拠点に攻めると、よく大きな照準が表示されますよね。

赤が敵の、青が味方の投石機の照準です。

この投石器を使用して攻撃してきていたんですね。

 

 

なお、砲撃のクールタイムは刻印時間と同じか、それよりちょっと短いくらい。

砲撃のクールタイムは刻印時間より長く、砲撃でダウンした人の再刻印完了より短い時間です。

(エリーゼさん情報ありがとうございました)

うまくかわさないといつまでたっても刻印できない状態が続く、非常に厄介な攻撃となっています。

 

 

また、ダメージも非常に大きく約6,000ほど。しかも転倒効果付きです。

砲撃を受けると致命的になってしまうので、なるべく回避するようにしましょう。

 

 

アドバイス

『防御役』のキャラは投石器から受けるダメージが半減します。

また、転倒もしないため多少の無理が効きます。

刻印に適した役割と言えるので覚えておきましょう。

 

 

 

はいはーい。まだ続きますよ。

皆さん、気になりませんか?

そう、修理ができるということは破壊もできるんです。

 

 

敵陣の投石器は修理ゲージをゼロにすることで使用不可にすることができます。

1度使用不可になると、また修理をして修理ゲージを40まで回復させないと使用することができません。

 

 

アドバイス

投石機の破壊は『支援役』のキャラが行うと一定時間ごとにゲージが10減少しますが、他の役割のキャラが行うとしか減少しません。

ゲージ40に必要な破壊回数は…。わかりますよね?

破壊は『支援役』に任せるようにしましょう。

 

また、破壊は1つの施設につき1人しか作業できません。

複数人で同時作業はできないんです。

通常攻撃やスキル攻撃で破壊するわけではないので注意してください。

破壊作業を外から見ていると通常攻撃で殴っているように見えちゃうので誤解しちゃうんですよね。

祭壇、馬小屋も同様ですよー。

 

 

祭壇

こちらの施設も修理を行うことで効果が反映されるようになります。

効果は戦闘不能状態からの復帰時間が3秒短縮されるようになります。

 

祭壇の修理

 

で、こちらも『支援役』が活躍できる施設です。

 

修理(耐久)ゲージの長さは600。

『支援役』が修理すると一定時間ごとにゲージが50上昇。

他の役割のキャラだと25しか上昇しません。

 

 

投石機と同様に敵陣の祭壇を破壊することもできます。

『支援役』が破壊すると一定時間ごとにゲージが50減少。

他の役割のキャラだと25しか減少しません。

 

 

ゲージがゼロになると効果消滅。

ゼロになった場合、またゲージを600に回復させないと効果が発動しません。

 

 

馬小屋

こちらの施設も修理を行うことで効果が反映されるようになります。

効果は馬に乗れるようになります。

 

馬小屋の修理

 

またまた『支援役』が活躍できる施設です。

 

修理(耐久)ゲージの長さは600。

『支援役』が修理すると一定時間ごとにゲージが50上昇。

他の役割のキャラだと25しか上昇しません。

 

 

投石機と同様に敵陣の馬小屋を破壊することもできます。

『支援役』が破壊すると一定時間ごとにゲージが50減少。

他の役割のキャラだと25しか減少しません。

 

 

ゲージがゼロになると効果消滅。

ゼロになった場合、またゲージを600に回復させないと効果が発動しません。

 

役割を覚えよう

占領戦に参加すると、役割選択の画面に移ります。

さてこの役割。具体的にどんな違いがあるんでしょうか?

 

防御

防御

最大人数10人まで。

 

■役割効果

体力30%上昇(HP30%上昇ではないことに注意)

投石器被ダメージ量半減

転倒しない(防御減少、気絶、出血にはかかる)

 

 

非常にタフな役割となっています。

投石器からのダメージを半減し、また転倒しないのである程度のゴリ押しが効きます。

刻印役に最も適した役割と言えるでしょう。

 

 

突撃

突撃

最大人数10人まで。

 

■役割効果

回避のスタック数が4回に

移動速度10%上昇

スキルクールタイム10%短縮

 

 

攻撃に長けた役割となっています。

そして、足が速いので後述する古代の力を取りにいくのに長けています。

 

 

回復

回復

最大人数5人まで。

 

■役割効果

周囲の味方に持続回復効果を自動で発動する

周囲の敵のPVP防御力を自動で下げる

 

 

言葉が適切ではないかもしれませんが、いるだけで味方を回復し、敵を弱体化させます。

つまり…。単独行動をしてはいけない役割です。

 

 

支援

支援

最大人数5人まで。

 

■役割効果

投石器使用可能

修理/破壊速度が他の倍以上

移動速度30%上昇

 

 

1番やりがいのある役割です。

非常にできることが多く、場を見極める力が必要になるので、占領戦に慣れてから挑戦した方がよい役割です。でも経験しないとうまくなれないのよね。

 

 

まず、先にも書いた通り唯一投石器を扱える役割です。

そして修復、破壊速度が圧倒的に早いです。

そのため投石器だけでなく、祭壇、馬小屋にも目を配らなくてはいけません。

また、隙を見て相手の投石器、馬小屋、祭壇を破壊しに行きます。

 

 

馬小屋、祭壇はともかくとして、敵陣の投石器は『支援役』が破壊した方が圧倒的に早いです。支援役以外は触るなと言っても過言ではありません。

 

 

忘れてはいけないのが、移動速度30%上昇。

後述する開幕の古代の力獲得合戦で最も活躍できます。

 

 

この移動速度30%上昇というのは、非常にいやらしい能力です。

支援役の相手と1対1で対峙した場合、しとめることも、逃げ切ることも難しくなります。

 

 

リーダー

陣営の中で最も戦闘力の高い人がリーダーとなります。

リーダーは、攻撃および防御目標を指示することができます。

 

やり方は簡単。右上にある戦闘状況をタップすると戦況やマップが現れるので…

リーダーのお仕事1

 

 

攻撃/防御目標となる施設をタップします。

攻撃/防御目標となる施設をタップする

 

 

こうすると占領戦に参加している自陣プレイヤー全てに指示を出すことができるんですね。

リーダーの作戦指示

 

特に難しくはないものなのですぐに慣れると思います。

 

 

自分が指示を出して勝てたときの充実感は非常に大きいです。

あまり怖がらないで、リーダーになったときはがんばっちゃいましょう!

 

 

役割変更

占領戦は途中で役割変更ができます。

タイミングは戦闘不能になったときと、基地に戻ったとき。

 

戦闘不能になると役割変更ができる

 

 

基地に戻ったときも役割変更ができる

 

状況に応じて変更するのも手です。

 

 

古代の力を制する者がゲームを制す

ここまでで施設と役割がわかりましたね。

でもでも、まだ大切なことがあります。

 

それは『古代の力』です。

 

 

古代の力って何よ?

実は占領戦で1番重要です。

古代の力というのは

 

  • 開幕、その後一定時間ごとに自陣と敵陣に1つずつわく光の玉
  • わきパターンは2つ
  • 光の玉を取ると、取った人が小宇宙(コスモ)に目覚める

 

こんなものです。

開幕にダッシュすると、このようなものを見かけませんか?

 

これが古代の力

 

これをなんとしても確保するようにしましょう。

 

 

効果は、具体的な数値はメモってないんだけどステータスが超絶上がります。

効果時間を測り忘れちゃったんだけど、結構もちます。

攻撃力、防御力が一気に上がり、HPは4~6万。移動速度はシャア専用(3倍ではないけどね)。

1人で中央で無双できます。

 

 

たまに見かけませんか?

HPがめちゃくちゃ高いキャラ。あと、なんかオーラっぽいのが見えるすっごい移動が早いキャラ。あれです、あれ。小宇宙(コスモ)です。

 

古代の力を取った状態

 

ふはは HP5万越えだぜ!

ふはは、HP5万越えだぜ!

 

 

繰り返します。めちゃくちゃ強くなります。

最優先に取るべきものです。

現在、古代の力を真っ先にとって中央で無双した陣営の勝率が圧倒的に高いです。

 

 

古代の力が出ているのに気付かなかったり、古代の力を取ったのに刻印にまわってたりしちゃダメですよ。

古代の力をとったらやることは1つ。中央で無双です。

え? しつこい?

 

 

ただし、ただしただし剛田武!

戦闘不能になると効果が切れます。

いくら強いからといって、つっこみすぎるとやられますので注意しましょうね。

 

 

古代の力を確保せよ!

古代の力の重要性がわかったところで、古代の力を獲得するポイントをあげておきます。

 

 

古代の力のわきパターンは2つあります。どちらになるかはランダムです。

1つはコレ。(パターン1)

古代の力 わきパターン1

 

 

もう1つがコレ。(パターン2)

古代の力わきパターン2

 

 

パターン1は、各陣営の中央にわくので敵対陣営にわいたものを取りに行くのは難しいです。

狙うのはパターン2の方。特に開幕です。

 

 

開幕に古代の力を2つ取りに行く

敵陣に向かって右側にわく古代の力は、移動速度が10%上昇し、また攻撃に長けた『突撃役』に取りに向かわせます。

パターン1だった場合は拠点を刻印すればよいです。

 

そして、敵陣に向かって左側、こちらの古代の力を移動速度が30%上昇している『支援役』に向かわせるんです。

相手が来なかった場合は楽勝でゲット。

相手が『防御役』や『回復役』だった場合、古代の力を獲得できるかどうかは五分です。

分が悪いなーと思ったときや、そもそもパターン1だったというときは引き返して祭壇を修理すれば無駄になりません。

 

 

さて、開幕の古代の力を確保したら、次のわきに備えます。

わきパターンは上記の2パターン。

パターン1で自陣のものを取れないということはほぼないので、注意すべきはやはりパターン2の方。

 

 

古代の力のわきサイクルは、古代の力の効果が切れて少ししたくらいで次のものが出ます。

なので、最初に古代の力を取った人が、効果が切れたのを確認した後、次のわき場所(特にパターン2に備える)で待機する、というのがおススメです。

※ただし最初の古代の力獲得に苦戦し、時間がかかるとタイミングがずれます

 

どうでしょう? そんなに難しくないでしょ?

 

 

おまけというか補足

前にもチラッと書いたような気はするんですが、ここでもう1度おさらい。

 

ヴェンデッタの5vs5のチームバトルと、20vs20の占領戦。

みんなの戦闘力が横並びになって公平だから差がなくなって楽しい! と思いますよね。

実はこれ、正しくないです。

 

 

正確には

チームバトル、占領戦においてキャラクターのステータスがある基準値より低かった場合に底上げされる。

となります。

 

 

気づかれましたか?

底上げされるだけで、突出した戦闘力を持った人を引き下げはしません。

なのでこれから徐々に基準値を超えた人が強さを発揮し始めます。

 

 

基準値の目安はおよそ戦闘力2万1千~2万6千。

※目安として戦闘力で表現しましたが、基準値は各ステータスごとに設定されているようです

これを超えると、超えた分の力がチームバトル、占領戦に反映されます。

育てた分だけ他の人より強くなります。

 

 

皆さんも、まずは戦闘力2万くらいを目指して育成してみましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

占領戦ってチュートリアルがありますが、ついついスキップしちゃいますよね。

え? スキップしなかったけどさっぱりわからなかった?

それは要望として挙げておくんだ!

 

 

と、まぁゲームを十分に楽しむにはまず仕組みを覚えないとね。

仕組みを覚えれば各々が判断して動けるようになると思います。

 

 

そして古代の力。これを取ればゲームを制することができます。

相手が古代の力を使いこなせなければ、作戦指示なんかどうでもいいくらいの制圧力を発揮します。

少なくとも1つは確保すること。そして隙あらば2つ取って有利に展開できるようにしましょう。

 

 

最後に1つ。やっぱり楽しめる雰囲気作りが大事です。

私のおススメは、ナイスプレーがあったときに相手を褒めること。

これだけで雰囲気が変わるんじゃないかな。

 

 

それでは、また!

Twitterでフォローしよう