【V4】V4ってどんなゲーム? Q&Aで詳しくまとめました

9/24(木)にリリースがせまった期待の新作MMORPG『V4』。

 

 

今回は、韓国版とグローバル版をプレイした私が、どんなゲームなのか、どこよりも詳しく概要説明をしちゃいますっ!

 

 

ご注意!
こちらの記事の内容は、グローバル版の仕様になります。
日本版のリリースにあたり、仕様が変更になる場合もございますのでご注意ください。

 

この記事は株式会社ネクソン様の提供でお送りします。

 

 

 

 

V4とは

V4はネクソンから9/24(木)にリリース予定のスマホ&PC用MMORPGです!

 

公式サイト https://mobile.nexon.co.jp/v4

公式Twitter https://twitter.com/V4_NEXON

公式Youtubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCVcew51QAPkFx6vCD7xwJfQ

 

 

 

開発は「HIT」や「OVERHIT」で有名なNAT Games

韓国で昨年の11/7にリリースされ、リリース後24時間以内に100万DLを達成。

AppStore売上1位、Googleストア売上2位を記録した人気作です。

 

 

 

ここで、昨年の11月でピンと来た方。するどいです。

そう、昨年の11月に韓国では何があったかというと…。

リネージュ2Mが11/27にリリースされているんです。

韓国でリネージュと言ったら、とんでもない人気作品。

それにあわせてきたという、ネクソンの気合と自信が垣間見える、非常に注目のゲームなのです。

 

 

 

世界的な展開としては、今年の3/26に台湾版が、今年の7/24にグローバル版が配信されています。

それが9/24(木)にいよいよ日本版にリリース!

事前ダウンロードは9/23(水)予定!

 

 

 

これはもうMMORPG好きには興奮せずにはいられません!

 

 

 

 

どこよりも詳しいQ&A

大作なのはわかったから、どんなゲームなのか教えて! ですよねー。

というわけで、私が知っている範囲で、どこよりも詳しくゲーム内容を答えていこうと思います!

 

 

 

ちなみに私は、韓国版のゲームプレイでお馴染みのぱっくん(PAKUO ch)さんと、公式放送でお馴染みの反王ケンラウヘルさんと情報交換をしながらグローバル版をプレイしています。

お2人の配信は非常に勉強になりますので、こちらも参考にしてくださいね。

 

 

 

 

というわけで、前置きが長くなりましたが、Q&Aいっきまーす!

 

 

 

プレイ環境について

PCでもプレイできるの?
はい。V4は日本のスマホMMORPGで初めて、PCとスマホ両方でプレイできるゲームです。
NOXやBlueStacksといったAndroidのエミュレーターではなく、PC専用に設計されたクライアントで動作するため非常に動作が軽いのが特徴です。
しかしながら、MacOSには対応していない点には注意が必要です。

 

 

 

PCの推奨スペックを教えて!
公式から発表されているスペックはこちらになります。

PCの推奨スペック

 

 

 

PCとクロスプレイが可能ってどういうこと?
1つのアカウントをPC、スマホで共有してプレイすることができます。
例えば、家ではPCで、外ではスマホでといったプレイをすることができます。

 

 

 

PCでプレイするメリットを教えて!
PCのスペックにもよりますが、大きな画面でプレイできる、グラフィックが綺麗、読み込みが早いなどが挙げられます。第2回公式生放送動画(再生位置を調整してあります)も参照してみてください。

 

 

PCの方が有利なの?
グローバル版をプレイしてみて、操作の上でPCの方が有利・不利ということは特に感じませんでした。
スマホでの移動操作がキーボードのWSADに、タップがマウスでのクリック、またはショートカットキーになったと考えてください。
操作感が自分にあったものが、自分にとって有利ということはあるかもしれないですね。

 

 

 

ゲームパッドは使える?
グローバル版ではゲームパッドには対応していませんでした。
(右アナログスティックで視点移動ができない)
そもそもゲームパッドでの操作を必要とするような難しいゲームではない印象です。
プレイヤースキルを極めてスポーティなPvPを楽しむというよりは、キャラクターのビルド構築や育成を楽しむ、初心者でも非常に手軽に楽しめるゲームとなっていました。
同じ理由でPC用にゲーミングマウスや、左手用ゲーミングデバイスも必要ないと感じました。

 

 

 

 

ゲームの前準備

友達と一緒に遊ぶには?
サーバーをあわせる必要があります。「ミリア1」とか「ミリア2」とか「イブリン1」とか「イブリン2」とか…というのがサーバーです。これを一緒にしておけばOKです。

 

 

 

インターサーバーシステムって何?
サーバー間でキャラクターが行き来できるようになるシステムですが、もう少し詳しく説明します。
まず、フィールドには通常フィールドのシルナスと、敵が強いもののドロップがおいしいルナトラというフィールドがあります。
シルナスは各サーバー専用のフィールドです。
ルナトラは自サーバーのルナトラであれば、いつでもシルナスから行き来できます。
他サーバーのルナトラは、グローバル版では1日のうち3回(おおむね朝、昼、晩)行き来できる時間帯が存在していました。
この時間帯に他サーバーのルナトラに侵入し、PvPをしたり、フィールドボスを奪っちゃえー、うぉぉぉというのがこのゲームの醍醐味の1つになります。
他のゲームでよくある勢力vs勢力の場合、勢力が2つしかなく、バランスを取るのが難しいケースがありますが、V4は5サーバー5勢力の大規模な争いが起きる、非常におもしろいゲームと言えます。

インターサーバーシステム

 

 

 

職は何があるの? 2次職とかある? 転職できる?
職は、マジシャン、ウォーロード、ブレイダー、ナイト、ガンスリンガー、アクスラーの6種類があります。
2次職、転職はありませんでした。

 

 

 

職に対して性別は固定?
固定です。
 ・マジシャン…女性
 ・ウォーロード…男性
 ・ブレイダー…男性
 ・ナイト…女性
 ・ガンスリンガー…女性
 ・アクスラー…女性
となっています。

 

 

 

装備を変えると外見って変わる? アバターはある?
装備を変えると外見も変わります。
アバターは韓国版には水着等がありますが、グローバル版にはありませんでした。日本版ではリリース時にはないようですが、そのうち追加されることを期待しましょう!

 

 

 

サブキャラの育成メリットってある?
特にない様子でした。
ゲーム内通貨(ゴールド)で引けるガチャは、アカウント単位で1日に引ける回数が決まっていたので、サブキャラを作っても引ける回数が増えるようなことはありませんでした。
ちなみに、アカウントで仲間、召喚獣、乗り物を共有していたのと、アカウント共有の倉庫がありました。
日本版でもこの仕様通りなら、サブキャラ育成はしやすいゲームではないかなと思います。

 

 

 

ここだけの話…。最強職を教えて!
いい質問ですね!
ちょっと長くなってしまいそうなので、最後のまとめに書こうと思います。

 

 

 

 

システムについて

リセマラは必要?
必要ないと思います。
何かのイベントでガチャチケットが配布されるようであれば、話は変わる可能性がありますが、ガチャゲーというわけでもないので、基本的には早くゲームを進めた方がよい印象です。
ゲーム内通貨(ゴールド)で引けるガチャはグローバル版ではレベル30にならないと引けませんでした。

 

 

 

戦闘はオート? 手動? 採集はオートでできる?
戦闘はオートでも手動でも可能でした。
採集もオートでも手動でも可能でした。

 

 

 

放置狩りは必要?
放置狩りはした方がよい印象です。
ただし、重量制限がある(制限を超えるとHP/MPの自然回復が滞る)ため、入手するアイテムのランクを絞り込む設定をしておいたり、ポーションを使用しなくてよい狩場を選ぶなど、工夫が必要だと感じました。
採集で獲得できるアイテムは重量がゼロだったので、採集放置もありだと思います。

 

 

 

バックグラウンドで狩りをしてくれる機能(ゲームをログアウトしても動く機能)はありますか?
バックグラウンド狩り機能はありませんでした。
節電モードはありました。
仲間を派遣して、採集や討伐を依頼した場合、依頼の遂行はログアウトしていても進行しました。

 

 

 

便利な機能について教えて!
グローバル版の便利機能を紹介します。
・メインクエストのオート進行、会話の早送り機能あり
・HPが一定以下になった場合や、敵対プレイヤーから殴られた場合に振動する機能あり
・敵対プレイヤーに殴られた場合に、節電モードを解除する機能あり
・HP/MPポーションの使用条件設定あり
・オート戦闘時の行動範囲の設定あり
・オート戦闘時のドロップ回収時にランク制限をかける設定あり
・オート戦闘時にエリートモンスター等の強いモンスターを回避する設定あり
・スキルごとにオートで使用する/しないの設定が可能
・マナーモード(他人が既にダメージを与えた敵は殴らない)あり

 

 

 

日課って大変?
心配ご無用!
グローバル版では普通に放置狩りをしていれば勝手に終わりました。
こちらも参考にしてね。

 

 

 

キャラクターの個性は出しやすいシステムですか?
スキルは数あるスキルの中で、5つ(ガンスリンガーは10)を選ぶシステムでした。
どのスキルを選ぶかで個性が出ると思います。
そして、スキルに付与する追加効果も2択または3択となっており、こちらも個性が出る印象。
さらに、職ごとにツリー状のパッシブスキル選択があり、どのルートを選ぶかでも個性が出るでしょう。
スキル設定の変更は無料、ツリー状のパッシブのリセットはゲーム内通貨(ゴールド)で安価にできました。
このように、ビルド構築が非常に楽しいゲームになっていました。

 

 

 

レイド(フィールドボス)ってある?
各フィールドにフィールドボスがいました。
討伐貢献度によって報酬が変わるため、みんな必死です。
おもしろいところは、わき場所が2択になっていて、どちらにわくかわからないこと。
これによって、強い人が待ち伏せして一方的に狩るということが起きにくくなっていました。

 

 

 

 

課金要素について

課金要素について教えて
今現在公開されているのは、仲間、召喚獣、乗り物が課金でガチャができること。
仲間に関しては1日に引ける回数に制限あり。召喚獣、乗り物は回数制限なし。
装備品はドロップや生産による入手となっています。

 

 

 

仲間のメリットって何?
戦闘力がちょびっと上がること。
そして、採集、討伐といった少し面倒なことを代わりにやらせることが可能です。
ランクが高い仲間ほど、ランクが高いものを採集・討伐したり、かかる時間が短くなるので便利です。
仲間はいればいた分だけ、複数同時に依頼の進行が可能でした。

 

 

 

召喚獣のメリットって何?
戦闘力の上昇、ならびに獲得経験値上昇の効果がありました。
獲得経験値上昇効果は非常に優れていますが、レベルよりも装備品の強化による戦闘力上昇効果の方がはるかに影響力が強いため、過信は禁物。
召喚獣は、所有しているだけでは効果は発動せず、召喚してはじめて効果が発動します。
ちなみに、モンスターと自身のレベル差によるペナルティは存在しないため、レベルは上げまくって問題ない感じでした。

 

 

 

乗り物の効果って何?
攻撃速度の上昇と、重量制限の緩和効果がありました。
攻撃速度上昇と聞くと、非常に効果が大きく聞こえがちですが、戦闘の主なダメージ源は通常攻撃ではなく、スキルによるものです。
スキルはクールタイムに引っ張られるため、攻撃速度が上がったとしても使用回数自体は増えません。
スキルモーション速度の向上と、通常攻撃の手数が増えるという点で、単位あたりのダメージ効率は上がりますが、こちらも過信は禁物といった印象です。

 

 

 

ダブった仲間、召喚獣、乗り物の使い道は?
ダブって余ったものを3つ集めると合成ができ、ランクアップのチャンスが得られます。
ガチャは無課金でもゲーム内通貨(ゴールド)で毎日一定回数引くことができたので、運が良ければ強くなることは可能だと思います。
乗り物の合成

乗り物の合成の画面

 

 

 

装備品はドロップで獲得なの?
装備ガチャはなく、ほとんどがドロップや生産による獲得となっていました。
グローバル版では他にクエストやイベントの報酬として獲得することもありました。
クエスト報酬の装備は、強化に失敗しても壊れない代わりに能力が低いとか、強化上限値が決まっているといったものもありました。
また、マントはギルドコンテンツで獲得、成長させる装備になっていました。
そしてリングはゲーム内通貨(ゴールド)の依存度がやや高かったので、お金稼ぎが重要だと感じました。

 

 

 

ぶっちゃけ、課金ゲー?
基本無料でアイテム課金のゲームである以上、課金者が優遇されるのは間違いないと思います。
しかし、1番戦闘力に影響する装備品の主な入手手段はドロップで、強化は完全に運。
乗り物の攻撃速度上昇に関しては、スキルのモーション速度が上がり、通常攻撃の回数が上がることでダメージ効率が上がります。
しかし、メインのダメージ源であるスキルの使用回数は変わらないため過信はできません。
召喚獣でレベル上げの効率が上がるのは嬉しいところ。
というわけで、昨今の戦闘力を直接買うようなゲームに比べれば、良心的だと思います。

 

 

 

 

取引所について

取引所でアイテムを売買できるって聞いたんだけど
V4には取引所があり、主にドロップで入手したアイテムを取引所を通じて売買する仕組みとなっていました。
ちなみに、取引所に出品できるアイテムには「天秤マーク」が付いていたので、これを目印にすればOKです。
天秤マーク

天秤マーク

 

 

 

取引所で行うアイテム売買の通貨は何で行うの?
課金通貨(レッドジェム)で行うシステムとなっていました。
無課金プレイヤーでも、価値のあるアイテムを取引所で販売すれば課金通貨を入手することができました。

 

 

 

取引所ってすぐに使えるようになる?
グローバル版ではレベル60から解放されたので、少し時間がかかると思います。

 

 

 

誰が販売しているものか、出品者の名前ってわかる?
わからないようになっていました。

 

 

 

出品手数料ってかかる?
出品手数料として、ゲーム内通貨(ゴールド)がかかりました。

 

 

 

価格設定は自由に行える?
最低額(レッドジェム)が10、最高が9,999,999で、この範囲内であれば自由に行えるようになっていました。

 

 

 

1度装備してしまった装備品や、強化済みの装備でも出品できる?
出品できました。

 

 

 

取引所って過疎ってない?
3つの理由でにぎわっているのかなという印象。
・他職の装備品もドロップする
・強化に失敗すると装備品が壊れてなくなる
・アイテム(ある値まで強化した装備など)を登録して戦闘力を上げるアイテム収集というコンテンツがある
アイテム収集

アイテム収集の画面

 

 

 

プレイヤー間でアイテムをトレードすることってできる?
アイテムをトレードするシステムはありませんでした。

 

 

 

 

装備品の強化について

強化の仕組みについて教えて!
例外もありますが、基本をざっくり。
武器防具は強化値+5までは安全圏。アクセサリは+2までが安全圏。
それより上の強化をすると、装備品が破壊される(なくなる)危険性がともないます。
その分、成功した時の効果はかなり大きくなっていました。

 

 

 

装備品のランクアップってある?
ありませんでした。
そのため中程度のランクの装備の高強化値を狙うか、ドロップ率の低い高ランク装備の安全強化値でいくか(そもそもなかなか入手できないけど…)、なかなかに悩むのではないかと思います。

 

 

 

強化値やステータスを他の装備に継承するようなシステムってある?
ありませんでした。
装備品は個別に育成していく必要がありました。
例外として、霊魂石といって装備にステータスを付与するアイテムがあるのですが、これは取り外しが自由にできるので、別の装備に付け替えることができました。

 

 

 

 

ギルドについて

ギルドメンバーは何人でスタート? 最大で何人までになる?
ギルド開設時は15人でスタート。
レベルを1つ上げると上限が5人増え、レベル8で50人となっていました。
ギルドメンバーは50人が上限ですが、ギルドレベルは20まで上がり、獲得経験値上昇や、攻撃力、防御力、HP上昇といったギルドバフがかかるようになっていました。

 

 

 

ギルドの設立、入会条件は?
ギルド設立はグローバル版ではレベル30で可能となっていましたが、公式Twitterにてギルド設立条件がレベル10になったとの情報が!
ギルド入会もレベル10から可能とのこと。
なお、グローバル版では設立にゲーム内通貨(ゴールド)が必要でしたが、非常に安価でした。
これはかなり楽にギルドを設立、そして入会することができると思います。

 

 

 

ギルドレベルってどうやって上げるの?
毎日の出席や、寄付、雑魚敵の殲滅といったギルドミッションをギルドメンバー各々が達成することによって、上がりました。

 

 

 

ギルドコンテンツはどういうものがある?
ギルドダンジョンといって、ギルドメンバーと一緒にボスを倒すコンテンツがありました。

 

 

 

 

PvPについて

PvPはどんなコンテンツがある?
グローバル版には1対1や、3対3など、いわゆるスポーティな対人専用コンテンツは今現在ありません。
しかし、ルナトラにサーバー単位のメンバーで乗り込んで大規模PvPを仕掛けられるという醍醐味がありました。
また、聖物争奪戦という、サーバー対抗で行うPvPコンテンツがアップデートにより実装予定だそうです。第2回公式生放送動画(再生位置を調整してあります)で紹介されていました。
サーバー単位で戦えるという点が他のゲームとは異なる魅力だと思います。

 

 

 

V4のPvPの魅力を教えて!
V4のPvPはプレイヤースキルによるものというよりは、事前のビルド構築(前準備)であったり、相手との駆け引きを楽しむものだと感じました。
特徴の1つとして、相手のHPやレベル、戦闘力が見れません。
つまり、相手の外見を見て装備ランクを想像したり(でも強化値はわからない)、雑魚敵の殲滅速度を観察するなどして自分が勝てる相手なのかどうかを見極める必要があります。
勝てるかなーと思って、数発殴ってみて「回避回避回避回避…」と出て、うわぁぁぁぁごめんなさぁぁぁぃってなったり…。
HPが見れないので、倒せるか倒されるのかがわからず、ふふーん余裕だぜーいと見せておきならがら(ヤバイ、ポーション切れた…)みたいな駆け引きもあって、これはこれで楽しいものです。
これって現実世界の戦いにも似ていますよね。外見で強いか弱いかを探るって。
こんなリアルに近いPvPもおもしろいと思いませんか?

 

 

 

デスペナルティってある?
ありますが、たいしたことはなかったので安心してよいかと思います。
戦闘不能になると、原因がPvEであれ、PvPであれ獲得経験値減少デバフが一定時間かかります。
また、レベル56以上になると装備品消失の可能性が発生します。
ここだけ聞くとびっくりしてしまうのですが、回復手段があります。
獲得経験値減少デバフは1日5回まで無料で回復可能。それ以降はゲーム内通貨(ゴールド)がかかりますが、安価で回復可能です。
装備品の消失はゲーム内通貨(ゴールド)で回収可能です。
というわけで、デスペナルティは実質ないようなものです。
繰り返しになりますが、グローバル版の仕様と同じなら安心してよいと思います。
ちなみに、このシステムはリネージュ2Mとほぼ同じです。

 

 

 

キルペナルティってある?
キルペナルティというより、性格値(他のゲームだとカオス値とも言うかな)というものによって管理されていました。
雑魚モンスターをいっぱい狩ると秩序を保った性格になり、わずかですが防御力上昇バフがかかります。
プレイヤーキルを繰り返すと、性格値が混沌に傾き、俗に言う赤ネームキャラとなります。
こうなると、雑魚モンスターがアクティブ化し、防御力ダウンや、獲得経験値減少のデバフがかかります。
回復するには、コツコツ雑魚モンスターを狩る必要がある仕組みとなっていました。

 

 

 

 

生産・採集について

生産・採集ってある?
ありましたよー!
採集は、採掘、伐採などの4種類(釣りはありません)。
生産は、鍛冶、研磨、錬金の3種類。
それぞれ、武器、防具、アクセサリ、ポーション、スクロールの材料集めと製作となっています。
レベルを上げると高ランクのものが採集、製作できるようになり、また戦闘力も上がりました。
生産と採集

生産と採集

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

MMORPGを始めるにあたって、多くの方が気になるであろうことをまとめてみました。

 

 

 

ちなみに、最強職に関してですが、なかなか判断が難しいところです。

 

まず、私の育成状況から言うとナイトと、マジシャンと、ガンスリンガーがレベル60、アクスラーが38で、男性職は一切さわっていません。
レベル60はおおむね全てのコンテンツが解放されてゲームの全容がわかったくらいです。
PvPではまだヒヨッコで勝負にならないくらい。

 

 

この前提で3職の特徴だけ…

安定して強いのはナイト。攻撃力、防御力が高く、スキルも高性能です。

難点は近接職であること。周りに遠距離職がいるとなかなか敵にさわれないことがあります。

 

 

ガンスリンガーは火力があまり高くないと感じました。

その代わり、遠距離職だけあって敵へのタッチ(着手)は早いです。

格下狩りであれば効率はよいですが、同程度~格上の殲滅はあまり早くありません。

 

 

マジシャンは高火力ではありますが、スキルのクールタイムが長く、どうしても通常攻撃を挟むことになります。

常に中程度のスキルを連打するガンスリンガーと異なり、メリハリの効いた攻撃をするタイプのキャラになります。

また高火力コンボに繋げるには、発動確率に依存した部分があり、スキル設定に工夫が必要です。

 

 

 

過密が予想されるサーバーでは、やはりモンスターを狩れないと苦痛になってしまうので、遠距離職が無難。

レベル上げでリードできる自信があったり、ほどほどの混雑が予想されるサーバーであれば近接職の方が強いかも…。

って、ところですかね。

遠近の差を除けば、結構職バランスはよくて、ひじょーーーーーーーーーーに職選びに悩みます。

ちなみに私はまだどの職をやるか決め切れていません。そのくらい悩みます。

 

 

 

なお、V4は現在キャンペーンを実施中です。

※こちらのキャンペーンは終了しました

 

 

よかったら、ご参加くださいませませ。

 

 

次回は、職の詳しい特徴紹介を予定しています。

それでは、またっ。

スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう