スポンサーリンク

リネレボでお馴染みのNetmarbleが運営する新作スマホ向けMMO RPG『TERA ORIGIN』。

7/12(金)~16(火)の間にクローズドベータテストが行われました。

 

そのクローズドベータテストをプレイしましたのでゲーム概要、そしてプレイした感想をレポートします。

 

 

 

TERAの歴史

『TERA ORIGIN』ですが、元のゲームが存在します。

そのままズバリ『TERA』です。

 

 

 

韓国Bluehole Studioが開発したPC用MMO RPGで、日本では2011年にサービスが開始されました。

2018年にはPS4版がリリースされたのでご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

売りとしてはMMO RPGなのにノンターゲティングシステムを採用したことにあります。

従来のMMO RPGでは味方や敵をターゲットしてアクションを起こすというのが基本でした。

それをモンハンのように敵や味方をターゲットしないで、自分の腕でコントロールするという当時としては画期的なものでした。

 

 

 

そして実は話題になったネタがもう1つありまして…。

このTERAの開発メンバーですが、リネージュ3を開発していたNCSoftのメンバーだったんですね。

それでリネージュ3の情報を持ち逃げしたんじゃないかとか、なんやかんやあったみたいです。

韓国のゲーム開発会社の話なので私も詳しいことはわかんないんですけどね。

 

 

 

ゲーム自体はなかなかおもしろく、私は結構長いことプレイしてました。

 

 

 

話はまだ続きます。

この『TERA』ですが昔流行ったMMO RPGをスマホ向けにしちゃおうという動きが出ました。最近流行りのやつですね。

そこでリリースされたのが『TERA M』です。

開発はBluehole Studioの関連会社であるBluehole squallで運営がNetmarble。

2017年に韓国でリリースされました。

リリース当初は大人気となったものの、Pay to Win の要素があまりにも強すぎたこと、そして『黒い砂漠モバイル』がリリースされたことで急激にプレイヤー数を減らすこととなりました。

 

 

 

そして2019年。プレイヤーの減少に危機感を抱いた運営・開発は、『TERA M』を『TERA M リブート』として再開発することを宣言しました。

開発もBluehole squallから本家Bluehole Studioにバトンタッチされたようで現在軌道修正真っ只中といった感じです。

 

 

 

さて『TERA M』。日本では2019年にリリース予定との噂が流れていました。

といっても私は韓国での散々な状況を耳にしていたので、そこまで期待はしていませんでした。

が! ところがどっこい。

発表されたのは『TERA ORIGIN』。え? ガンダム? 弁当?

どうやら『TERA M』を日本向けに別アプリとして開発していたようです。

単純な日本語訳ではなく、日本独自仕様なのだそうです。

日本用に廃課金仕様にして搾取ゲームにでもなっているんじゃないかと心配になっちゃいますよね。

運営はリネレボでちょっと炎上中なNetmarble。うーむ…。

 

 

 

嫌な予感はしたのですが、MMO RPGと言われればやらないわけにはいかない!

というわけで、クローズドベータテストに参加したわけであります。

 

 

 

ちなみに、日本独自仕様で真っ先に気になったのがキャラクター画像。

萌え要素マシマシです。

 

本家PC版のイメージ画像はこれ。

本家TERAイメージ

 

 

 

TERA ORIGINがコレ。

TERA ORIGINイメージ

 

最初、TERAだと気づかなかった。

 

 

 

このくらい変わっちゃってるよね。コレ。

ごめんなさい その辺からパクってきた画像です

 

 

 

スポンサーリンク

プレイ所感

まず注意して頂きたいのは、クローズドベータテストの情報であるということ。

正式版の情報ではないですからね。

 

 

 

今回のテストですが私は結構がっつりプレイした方だと思います。

レベルは54でGMさんのギルドに入れて頂いて、大規模ギルド戦にも参加しています。

 

 

 

プレイした感想の要点をまとめると…

 

  • 課金はやばそうな香り Pay to Win になりそうな気がする
  • システムは既存のスマホ向けMMO RPGと大きく変わらないが、細かいところでイイ機能がある
  • PvPがかなりおもしろい

 

 

 

さらっとプレイしただけだと、従来通りの課金をあおるMMO RPGって感じです。

ちょっとプレイしてつまらないと感じた方もいらっしゃったと思います。

 

 

ですが、このゲームのおもしろいところはPvP。

特に大規模の最大50vs50のコンテンツ。

このコンテンツはGMギルドに所属した人した体験できなかったので、一部の人しかできなかったわけですがこれがすごく楽しかった。

一見すると単純なルールなんだけど、何気に奥が深い。

リネレボの要塞戦に似た印象を受けました。

 

 

というわけで、その大規模対戦コンテンツについて、その魅力を詳しく語ろうと思います。

 

 

 

大規模PvPが熱い! そのルールとは

こちらが大規模PvP『神話の戦場』のルールになります。

戦闘はギルド対ギルドで最大50vs50となります。

 

神話の戦場 ルール

 

勝利条件は単純。

  • 中央にいる敵女神を倒す
  • 敵女神を倒すと相手陣地を守る防御壁が壊れる
  • 相手陣地に突入し、根源石を破壊すれば勝利
  • 女神&壁は約90秒で復活するので1回の突撃で根源石を壊せなかったら繰り返す

 

 

 

そして補足ルールがあります。

  • 女神にはダメージを軽減するシールドが2枚張られている
  • マップ左上と右下にある遺跡A、Bを占領するとシールドを1枚ずつ破壊できる
  • 遺跡の占領は、相手陣営より多い人数でそのエリアに居座ればOK

 

 

 

公式動画もあるので参考にしてね。

 

こんな感じで特に難しいところはないです。

 

 

 

おもしろいのはやっぱり戦略です。

オーソドックスと思われるのは、中央に女神攻撃部隊をアタッカー中心のパーティに。

左右の遺跡占領部隊として盾、ヒーラー中心のパーティに。

こんなところではありますが…。

中央に全部隊を突撃させて一気に女神を落としたり、遺跡を1つ捨てて2部隊にしてみたり。

いろいろ考えられます。

 

 

 

そして重要なのが属性特性。

おそらくこのゲーム。課金すれば『戦闘力』はすぐに上がります。

が、それだけでは勝てません。

属性と特性により相性が発生し、これを対策されると戦闘力が高くてもなかなか勝てません。

 

 

 

詳しいことはシステム解説で説明するけど、属性ってのは各キャラがもつものなのね。

で、こんな相関関係があります。

 

属性の相性

 

弱点属性をつくとめちゃくちゃ強くなります。

女神は属性固定。プレイヤーは任意で属性を変えられます。

女神の属性はコンテンツ開始前にわかります。

というわけで…

 

 

  • 女神を倒すのに有利な属性をつける
  • 女神を倒すのに有利な属性をつけたプレイヤーを倒すためにそれを対策した属性をつける
  • さらにそのプレイヤーを倒すために有利な属性をつける

 

 

なーんてことが考えられるわけです。

攻撃部隊、防御部隊、遊撃部隊で属性を変えたり、何気に奥が深いのです。

 

 

 

そして特性。これを設定すると、状態異常に対し抵抗することができます。

しかーーーし。

どの状態異常に対策しておくかは選択式なのです。

気絶抵抗をつけておくのか、ダウン抵抗をつけておくのか、打ち上げ抵抗をつけておくのか…。

全部を付けておくことはできません。

相手のパーティ編成を予測し、その職がメインで使ってきそうなスキルを対策しておくのです。

 

 

 

ほらほら。軍師様。ワクワクしてきませんか?

戦闘力によるゴリ押しになりにくく、なかなかおもしろいですよー。

 

 

 

ゲームシステム詳細解説

重ねて、これはクローズドベータテストの情報であることに注意してください。

 

 

 

キャラ作成

職で種族&性別固定されます。

  • アーチャー  遠距離アタッカー 女性ハイエルフ
  • ファイター  攻撃的タンク   女性ヒューマン
  • ランサー   防御的タンク   男性アーマン
  • スレイヤー  近接アタッカー  男性ヒューマン
  • アルケミスト 遠距離アタッカー ポポリ
  • プリースト  ヒーラー     エリーン

 

アーチャー

 

ファイター

 

ランサー

 

スレイヤー

 

アルケミスト

 

プリースト

 

 

 

キャラのカスタマイズは細かく可能です。

 

カスタマイズも可能

 

目や眉、鼻、口の位置、角度調整なんかもできます。

体格変更はできません。

 

 

 

デフォルトのキャラ枠は3つ。

鍵マーク付きが3枠ありましたが、解放方法は不明です。

キャラ削除は即時可能でした。

 

 

 

PC版ではエリーンを選ぶ人がもっっっっのすごーーーーーく多かったです。

クローズドベータでもエリーン(プリースト)を選ぶ人が多かったです。

かわいいは正義って感じですかね。

 

 

 

ちなみに少なかったのはランサーとスレイヤー。

ランサーは防御の要なのでおススメです。

ちなみに私はPC版もクローズドベータ版もランサーです。

 

 

 

職の特徴はこちらも参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

システムまわり

システム関連の情報です。

 

 

アカウント連携

iOS版では

 

  • Game Center
  • Facebook
  • Twitter

 

と連携可能でした。

端末をまたいでのプレイも問題ないと思われます。

 

 

 

環境設定

  • 省電力モードあり
    ※黒い砂漠モバイルのようにオフラインでも戦闘してくれるようなモードはなし
  • スクリーンショットモードあり

 

 

 

チャット

  • ワールド、エリア、ギルド、パーティチャットあり
  • ささやきがない代わりにチャットルームあり
  • シンボルチャットあり 一部シンボルはTERAトークンにより解放
  • チャットルームの開設機能あり 特定の人(複数可)との間でルームを作って会話が可能
  • ワルチャはブルージェムでスピーカーを購入しないと不可
  • ギルドチャットの履歴はオフライン中のものもタイムスタンプ付きで残る
  • パーティチャットログはパーティ解散後も閲覧可能 ただしログアウトすると消える
  • チャット内検索機能あり

 

 

チャットはゲームを邪魔することなく、使いやすかったです。

 

チャット1

 

チャット2

 

 

 

プロフィール設定

  • プロフィール(一言メッセージやプロフィール画像)設定が可能
  • フレンドではなくフォロー、フォロワー
  • タイムラインあり

 

プロフィール設定

GMさんのプロフィールを拝見

 

SNSを意識した充実した機能がそろっています。

ここまで凝ったゲームはなかなかありません。

 

 

 

ゲーム内通貨

種類がめちゃくちゃ多いです。

  • 有償ブルージェム ガチャ、コンテンツクリア回数リセット、アイテム購入に使用 課金で入手
  • 無償ブルージェム ガチャ、コンテンツクリア回数リセット、アイテム購入に使用 コンテンツ報酬で入手
  • ゴールド     アイテム購入に使用 いろいろなところで入手
  • 輝くクリスタル  クリスタルショップでアイテム購入に使用 ブルージェムガチャを利用するたびに入手
  • クリスタル    クリスタルショップでアイテム購入に使用 マイレージの使用期限が切れるとクリスタルになる
  • マイレージ    勲章ポイントの購入に使用 ピックアップガチャを利用するたびに入手
  • 勲章       各種強化アイテムの購入に使用 戦場コンテンツで入手
  • ギルドトークン  各種強化アイテムの購入に使用 ギルドコンテンツで入手
  • 時空の結晶    封印されし古代レイヴンの召喚、育成に使用 ギルドボス、神話の戦場などで入手
  • アルカナの粒子  封印されし古代レイヴンの封印解除に使用 秘密任務で入手
  • スキンポイント  スキンの購入に使用 メインクエストの報酬でたまーに入手
  • TERAトークン   アイコンやシンボル解放、ガチャに使用 ミッションの特殊指令で入手

 

通貨の種類

 

 

 

その他

PKはありません。

クエストオート進行がありますが、ところどころ(○○を調べろってイベント)で停止します。戦闘は自動でやってくれます。

エモートを7種確認。怒る、泣く、笑う、照れる、踊る、座る、スペシャル(←勝手に名付けた)でキャラがかわいらしく動きます。

ゲームパッド(SteelSeries Nimbus)は使えませんでした。

 

 

 

コンテンツ関連

コンテンツに関する情報です。

 

 

 

クエスト&レコード

  • メイン・サブクエストの進捗確認が可能
  • クリア済みストーリーを日誌として確認可能 ムービーの再生も可能
  • ミッションとしてデイリー、ウィークリー、マンスリー、特殊指令の4種ある
  • レコード 功績みたいなもの コツコツ積み上げてクリアしていくタイプ

 

スマホ向けMMO RPGでストーリーを後から確認できるゲームはこれが初めてだと思う。素晴らしい!

でもストーリーはそれほどおもしろくない…。(´・ω・`)

 

 

 

図鑑

  • モンスターコア集め リネレボと同じ感じだけどドロップはかなり渋い その他専用ダンジョンでも入手可
  • レイヴン、装備 コレクション系コンテンツ 図鑑を埋めるとブルージェムを入手

 

図鑑

 

モンスターコアは1つのモンスターをコンプするのに380個のコアが必要なんだけど、集めるのがかなりしんどい。

6時間寝放置して入手したコアは49個でした。

 

 

 

ランキング

アイテムコレクションとか強化回数、戦闘力、バトルコンテンツ参加回数などなど。

 

ランキング

 

 

 

挑戦

各種ダンジョンコンテンツ 任意のダンジョンを1日合計3回クリア可能。

  • 属性ダンジョン レイヴンを強化する材料などを集めるために
  • ゴールドダンジョン お金稼ぎに
  • 経験値ダンジョン 経験値稼ぎに
  • コアレイド モンスターコア集めに
  • 試練の塔 ルーン、スキル書入手のために

 

ダンジョン攻略

 

1日1回全部行け! じゃなくて、好きなダンジョンに合計3回行けるよ!ってのは私は好き。

自分に必要なものをマイペースに攻略できるからね。

 

 

 

レイド

最大5人で行うコンテンツ。

ダンジョン攻略タイプと、ボス戦のみのタイプと2種あり。

各種1回参加するのにスタミナを6消費する。

スタミナは1日60支給される。(0時更新)

 

レイド

 

その他、イベントダンジョンも1回参加につきスタミナを6消費する。

余りが翌日に繰り越されることはない。

 

 

 

ショップ

スタミナ、ペナなし即時復活、目的地へ瞬間移動、外見変更チケット、スピーカーや各種強化アイテムなどが購入可能。

 

ショップ

 

 

 

戦場

PvPコンテンツです。

 

  • 神話の戦場 最大50vs50のギルド戦 トーナメント戦とか勝敗予想の賭けもある
  • 地下闘技場 1vs1 もちろんお互い肉入り 勝敗によってリーグがわかれる
  • カイアの戦場 3vs3 MOBAみたいな対戦 敵を倒すたびにレベルアップ 敵陣の塔を破壊する 勝敗によってリーグがわかれる
  • ギルド対戦 3vs3 ギルド内で3人チームを組みガチで対戦する 勝利ポイントでギルド順位がつく

 

戦場

 

 

どれもおもしろいです。

特に3vs3や50vs50は仲間との連携が重要でかなり楽しめます。

 

そうそう、戦闘はノンターゲティングなので手動だと空振りしちゃうことが多かったです。

慣れの問題かもしれませんが、私はセミオート様様でした。

 

 

 

スタイル

アバター、スキンとも言う外見変更のことです。

 

  • ブルージェムかスキンポイントで購入
  • 武器、ヘア、ヘッド(顔)、バック(背中)、ウェアの5ヶ所
  • ガチャではなく好きなものを購入できる
  • 身に着けると戦闘力が上がる
  • 他プレイヤーにプレゼントとして贈ることができる

 

スタイル

 

クローズドベータテストでは、サブキャラでクエストを進めて無償ブルージェムを稼いで、プレゼントでメインキャラに贈るというちょっとずるいことができました。

 

 

 

フィールドボス

  • 3時/7時/11時/15時/19時/23時に出現するボス
  • 討伐報酬(参加賞)あり 1日1回獲得可能
  • 属性と特殊攻撃をあらかじめ確認しておき、対策をしておくことが重要

 

フィールドボス

 

フィールドボス 討伐成功

 

 

 

装備など

装備品、レイヴンなどキャラクターの強さに関わる情報です。

 

 

 

装備

  • 武器、アーマー、グローブ、ブーツ、ネックレス、イヤリング、リング、幻獣の8種
  • ランクはN、R、HR、SR、SSR
  • 強化は不要装備または研磨剤を用いて行う
  • ランクアップのシステムはないため、序盤はガチャで高ランクを引いたもの勝ちになる可能性あり
  • 専用アイテム、または同一装備を用いて強化上限値を上げる限界突破がある
  • 各装備にはオプションがあるが解放するのに専用アイテムが必要
  • 各装備には属性がついており、各属性や抵抗にボーナスが付く
  • セット効果のようなものはない
  • 幻獣は乗り物にもなる
  • 幻獣はサポート幻獣としてさらに2体の幻獣を装備することができる
  • 装備設定はプリセットに登録しておくことが可能 非戦闘時であればいつでも切替可能

 

 

幻獣(乗り物)の例。

 

幻獣1

 

幻獣2

 

幻獣3

 

幻獣4

 

 

 

レイヴン

このゲームの特徴的なシステム。

グラディウスのオプションみたいにお供をしてくれるキャラです。

 

  • メインに1体、サブとして3体のレイヴンを設定する
  • メインにしたレイヴンがお供として常にキャラクターに寄り添うようになる よく喋る
  • 各レイヴンは、火、水、木、光、闇の5種のうちいずれかの属性をもっている
  • メインに設定したレイヴンの属性が自キャラの属性となる
  • 属性には相性があり、弱点属性をつくと与ダメ50%増、被ダメ30%減となる

 

属性の相性

 

  • 敵はストーリーの章ごとに属性が変わる 弱点属性をついてストーリーを進めるのが基本
  • 属性の相性はもちろんプレイヤー間にも発生
  • 格上相手でも属性の相性で覆る

 

 

 

  • レイヴンは固有のアクティブスキルとパッシブスキルをもっている
  • メインに設定したレイヴンでアクティブスキルとパッシブスキルが決まる
  • アクティブスキルにはレベルがあり、レベル上げが可能
  • パッシブスキルは発動するのに条件がある
  • 発動するには、サブに設定するレイヴンの属性を決められた条件に当てはまるようにする必要がある
  • 例えば、パッシブ発動条件が 闇、人間、精霊 だった場合、サブレイヴンはこれら条件を満たすものを設定する

 

パッシブスキル発動条件

 

 

 

  • レイヴンのレアリティはN、R、HR、SR、SSRだがSSRレイヴンには覚醒というシステムがある
  • さらにSSRレイヴンの中には古代レイヴンと呼ばれるさらに1ランク上の特殊レイヴンがいる
  • 古代レイヴンは 封印された古代レイヴン となっており封印を解かないとスキルが使用できない
  • 封印を解くと通常のレイヴンと同じ扱いとなるが、古代レイヴンは複数体セッティングできない
  • 古代レイヴンにも覚醒がある
  • レイヴンも不要レイヴン、強化素材を使って強化可能 さらに限界突破もある

 

 

 

  • レイヴンの設定はプリセットに登録しておくことが可能 非戦闘時であればいつでも切替可能

 

 

 

グラフィックに萌え要素があるのでお気に入りのレイヴンとか流行りそう。

美麗なレイヴンたち。

 

美麗なレイヴンたち

 

 

 

スキル関連

スキルや特性、ルーンに関する情報です。

 

 

 

スキル

スキル構成は以下の通り。

 

  • レイヴンスキル メインに設定したレイヴンがもつスキル クールタイムが長いけど強い
  • アルティメットスキル 2種から1つ選択 クールタイムが100秒と長めだけど強い
  • 特殊スキル 1種 職固有で持つスキル 挑発して敵の攻撃を集めたりとか逆にヘイトを減少させたり 挑発はプレイヤーにも効果アリ
  • 防御スキル 1種 ランサー、ファイターはガード、その他職は回避
  • 通常攻撃 2種から1つ選択 攻撃成功時にHPを回復するものとMPを回復するもののどちらかを選ぶ
  • 通常スキル 5種から4つ選択 クールタイムは20~30秒くらい 攻撃とかバフとかヒールとか
  • コンボスキル 3種から2つ選択 通常スキルから繋がるスキル
  • スキルレベルあり コンテンツクリア報酬でスキル書を入手してレベルアップを行う

 

★防御スキル

  • ガードはボタンを押している間、攻撃を完全防御 前方ほぼ180度をカバー 背面攻撃をガードできるかは未確認
  • ガードはずっとできるわけではなくガードゲージがある間だけ、最長で1.5秒くらい
  • ガードゲージ回復には消耗した時間と同じくらいの時間がかかる
  • ガードはクールタイムが0.5秒あるため小刻みに使用することはできない
  • 攻撃予兆が出るPvEコンテンツにおけるボス戦では役立つが、PvPではなかなか使いどころが難しい
  • 回避は一瞬だけ無敵でクールタイムは0.5秒 ガードに比べるとシビア

 

  • スキルの取捨選択設定はプリセットに登録しておくことが可能 非戦闘時であればいつでも切替可能

 

スキル

 

 

特性

キャラクターレベル5刻みで2種、もしくは3種のうちから1つ特性を付与します。

 

  • HP回復仕様(毎秒回復にするか、3割切ったら一気に回復するか)や、状態異常耐性などかなり重要
  • 選択は無料で切替可能
  • ボス戦時にはあらかじめボスが使ってくる状態異常攻撃を確認しておき、その耐性をつけるようにする
  • 特性の取捨選択設定はプリセットに登録しておくことが可能 非戦闘時であればいつでも切替可能

 

特性

 

回復ポーションは存在しないので、回復仕様決めは結構重要。

そして状態異常に対する特性選択もボス戦、PvPで非常に重要。

 

 

 

ルーン

コンテンツ報酬で得られるルーンを使用して特定ステータスを強化します。

 

  • ルーン設定はプリセットに登録しておくことが可能 非戦闘時であればいつでも切替可能

 

ルーン1

 

ルーン2

 

ルーン3

 

PvPに直接影響するステータスは早めに上げたいところです。

 

 

 

戦闘設定

各種プリセットの組み合わせをさらにプリセットとして登録しておくことが可能です。

 

戦闘設定

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

 

 

私の感想としては

少なくともクローズドベータテストで課金アイテムが買えない状況。つまりみんな横並びの状態で楽しむには、PvPのバランスがよく、非常に楽しめるものでした。

 

 

 

となるとやはりカギになりそうなのは、課金がどれくらいゲームに影響を与えてくるかという点と運営ですね。

ちなみにGMさんはとてもいい方でした。ありがとうございました!

クローズドベータ中にプレイヤーと一緒になって遊んでくれるというのは非常に嬉しいところですね。

 

 

 

何はともあれ、私の中では期待のゲームの1つに加わりました。

皆さんもチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

それでは、また。

Twitterでフォローしよう