スポンサーリンク

今さら聞けない要塞戦の基礎知識。

第3弾は、要塞戦における作戦についてみていきます。

今回は、その中でも一点突破作戦を紹介します。

一点突破作戦の特徴

一点突破作戦というのは、開幕から相手の片方の門を全力で攻めて速攻で聖物刻印を行うというものです。

 

この作戦の特徴は

 

  • とにかく速い
  • 作戦がわかりやすい
  • 対策されていなければ勝てる
  • 対策されていると立て直しができない

 

となります。

 

とにかく速い

この作戦が決まると、おおよそ1分30秒~2分で決着がつきます。

これで、この作戦の威力がわかるかと思います。

 

作戦がわかりやすい

作戦がわかりやすいです。

○○したら××というものは一切なく、開幕から全力で門(防御塔)を攻めて、相手陣に入って聖物刻印するだけです。

 

対策されていなければ勝てる

速攻であるため、対策されていなければほぼ勝つことができます。

先にも書いた通り、約1分30秒で勝負が決まるため、気付いて対策を取ろうとしても間に合いません。

 

対策されていると立て直しができない

上記と逆になりますが、対策されていると弱いです。

防がれたときの後がないからです。

 

防がれたときのことも考えておくと、一点突破作戦の利点であるとがらせ具合を弱めるしか方法はなく、そのジレンマに陥ります。

 

スポンサーリンク

一点突破作戦を見てみよう

一点突破にもいくつかの派生型があります。

1番とがった戦術が上のもの。

下にいくほど、マイルドになり、すぐに勝負を決めるという作戦ではなくなっていきます。

 

それでは、1つずつみていきましょう。

※作戦図はレッドチーム視点で書いています

 

相手復活地点から遠い門を攻める(自祭壇は無視)

項目評価(5点満点)
難易度(5:易しい)
攻撃/突破力
防御力
速攻(5:速い)
失敗したときの立て直し(5:しやすい)

相手復活地点から遠い門を全力で攻める(自祭壇無視)

単純明快。

相手復活地点から遠い方の門を、全戦力で攻めるだけです。

速攻性、攻撃力はナンバー1です。

 

相手が対策していなければほぼ勝てますが、相手が対策していればほぼ負けます。

極端な作戦なので、まともにやっても勝てそうにない相手に、1発勝負でしかけるような作戦になります。

 

失敗したときのことを考えるのであれば、他の作戦にした方がよいかもしれません。

 

相手復活地点から遠い門を攻める(自祭壇は確保)

項目評価(5点満点)
難易度(5:易しい)
攻撃/突破力
防御力
速攻(5:速い)
失敗したときの立て直し(5:しやすい)

相手復活地点から遠い門を攻める(自祭壇は確保する)

上の作戦を少しマイルドにし、自祭壇だけは確保しようという作戦になります。

その分、門突破力がなくなり、速攻性が失われる分、失敗したときに自祭壇がある分、少しだけ安心感があります。

 

ただし、立て直しの作戦を用意しておく必要があります。

 

相手復活地点から近い門を攻める(自祭壇は無視)

項目評価(5点満点)
難易度(5:易しい)
攻撃/突破力
防御力
速攻(5:速い)
失敗したときの立て直し(5:しやすい)

相手復活地点から近い門を攻める(自祭壇無視)

要塞戦において、門を攻めるとした場合、相手復活地点から遠い方の門を最初に攻めるのがセオリーです。

それをあえて破ったのがこの作戦です。

 

相手復活地点から遠い方の門を最初に攻める理由は、復活した相手が防御に回る時間を稼ぐことができるからです。

復活地点に近い門は、復活後すぐに門防御にまわることができます。

わずかな距離ですが、この差が意外と大きく、門攻めに影響します。

 

この作戦は、相手の門攻めを蹴散らしながら、カウンターぎみに相手の門を壊すことが目的になります。

開幕の聖物刻印の成功確率は下がりますが、相手の意表をつけることと、なかなか壊すことができない相手復活地点側の門を序盤で壊せることがメリットです。

 

この作戦は、失敗した場合のことを想定しておいた方がよいです。

あまりこの作戦だけで勝負がつくことはありません。

 

相手復活地点から近い門を攻める(自祭壇は確保)

項目評価(5点満点)
難易度(5:易しい)
攻撃/突破力
防御力
速攻(5:速い)
失敗したときの立て直し(5:しやすい)

相手復活地点から近い門を攻める(自祭壇は確保する)

上の作戦をさらにマイルドにしたものです。

 

この作戦は開幕の一点突破で勝ちに行くというよりは、なかなか壊しにくい相手復活地点側の門を最初に壊すという目的の方が強くなります。

 

この作戦だけで勝つのはかなり難しいため、これに続く、状況に応じた作戦を用意しておく必要があります。

例えば、この後、相手復活地点に遠い方の門を壊し、両側から攻めるプレッシャーをかける、などです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一点突破と言っても、大きく4つのパターンにわけることができます。

 

開幕で勝負を決めるのか、相手との戦力差はどのくらいあるのか?

などなどを考慮して、血盟員と話し合って作戦を考えてみてください。

 

すっごく楽しいですよー。

 

次回はまた別の作戦を紹介します。

 

それでは、また。

Twitterでフォローしよう