FAITH 各職育成方針

今回は各職のスキル・特性上げについて、どれを上げていくのがよいか解説します。

 

ただし、これは1つの育て方であり必ずしも正解というわけではないのでご了承ください。

 

※こちらは韓国版のプレイを元に書いた記事です。日本版実装に伴い、大幅に仕様変更が入りました。現在あまり役に立たない内容となっております。申し訳ございません。

 

 

参考

現在の私の韓国版のキャラ育成状況は

ブレイダー レベル83

ガーディアン レベル58

アーチャー レベル44

メイジ レベル28

です。

 

操作歴が浅い職、またはプレイしていない職には他職から見た妄想が含まれています。

ご了承ください。

 

 

各職育成指南

6職もあるので早速本題に入っていきますね。

スキル振りについての補足
レベル最高値を仮に100とした場合、取得スキルポイントは47。
※ちなみに韓国版の現在の最高レベルの人はレベル177
ルビーでスキルポイントを購入した場合、取得スキルポイントは50。
というわけで、97ポイントのスキルを割り振る前提とします。私はまずアクティブスキル3つをMaxにすることを推奨するので、ここで27ポイント使用。
残りをパッシブに割り当てます。するとパッシブに割り当てるスキルポイントは残りの70ポイント。
パッシブスキルは1つをMaxにするのに20ポイント使用するので、おススメパッシブスキルを4つ挙げることにします。

 

ブレイダー・メイジ

ブレイダーとメイジは近接・遠隔が違えど育成方針は同じになります。

スキル/特性選びが最も簡単な職なので、楽に強くしたいって方におススメです。

 

スキル振り

まずアクティブスキル3種をレベル10にします。

残りの2種はレベル1のまま放置でよいです。

 

覚えるアクティブスキルを順にA、B、C、B’、C’とすると

対モンスターには A、B、C を

対人には C、B’、C’ を使用します。

デッキごとに異なるスキル振りができるので、Aデッキを対モンスター、Bデッキを対人にするとよいかと思います。

 

 

次にパッシブスキルですが、優先順位は

 

  1. クリティカル率上昇
  2. 攻撃力上昇
  3. クリティカルダメージ上昇
  4. 被ダメ減少率上昇

 

です。

 

 

ブレイダーとメイジはクリティカルの特性に優れており、また瞬間火力を出しやすいのでこのように育成するのがおススメです。

 

 

アクティブ特性選び

アクティブ特性は、覚えていく順に書くと

 

  1. 周囲の敵に防御力減少デバフをかける
  2. 敵に長い間、移動速度減少デバフをかける
  3. 自分とパーティにクリダメアップのバフをかける
  4. 周囲の敵に大ダメージを与え、移動速度減少デバフをかける

 

を選びます。

 

 

最終的にセットするのは

 

  • 周囲の敵に防御力減少デバフをかける
  • 自分とパーティにクリダメアップのバフをかける
  • 周囲の敵に大ダメージを与え、移動速度減少デバフをかける

 

この3つになります。

 

アタッカーらしく与ダメ上昇と、クリティカルを重視するのがよいです。

 

 

 

パッシブ特性選び

全て攻撃系を選択していきます。

 

  1. 攻撃時に一定確率でクリ率上昇バフ発動
  2. 攻撃時に一定確率でスキルダメージ上昇バフ発動
  3. 攻撃時に一定確率でクリダメ上昇バフ発動
  4. 敵の残り体力が少ないときに攻撃力上昇バフ発動

 

アタッカーらしく、火力に特化させるのがよいです。

 

 

 

注目のアプリ!
むはー。キャラがかわええのぉ。11/5(火)にリリースされ、ダウンロード数1位となったゲーム『あやかしランブル!』。 ダウンロードはこちらからん♪

バーサーカー・ウォーリアー

この2職は同じ近接職であり、特性も同じものが使えるので同じ育成方針になります。

 

スキル振り

まずアクティブスキル3種をレベル10にします。

残りの2種はレベル1のまま放置でよいです。

 

覚えるアクティブスキルを順にA、B、C、B’、C’とすると

対モンスターには A、B、C を

対人には好みで A、B’、C’ か C、B’、C’ を使用します。

デッキごとに異なるスキル振りができるので、Aデッキを対モンスター、Bデッキを対人にするとよいかと思います。

 

 

次にパッシブスキルですが、優先順位は

 

  1. 攻撃力上昇
  2. クリティカル率上昇
  3. クリティカルダメージ上昇
  4. 被ダメ減少率上昇

 

です。

 

 

クリ率、クリダメを見るとブレイダーとメイジに劣るため、バーサーカー、ウォーリアーは攻撃力を優先した方がよいでしょう。でも無視しちゃダメ。

 

 

 

アクティブ特性選び

アクティブ特性は、覚えていく順に書くと

 

  1. 周囲の敵を短時間スタンさせる
  2. 敵に長い間、移動速度減少デバフをかける
  3. 自分とパーティメンバーに10回分の被ダメを軽減する保護膜を張る
  4. 周囲の敵にダメージを与え、スタン状態にする

 

を選びます。

 

 

スタン付きの2スキルは必須。

残りの1つは保護膜が万能ですが、対人戦においては鈍足化も十分アリです。

FAITHの鈍足はかなり遅くなります。

遅くなったかな? とかいうレベルではなくて、 おっそ! っていうレベルです。

 

 

 

パッシブ特性選び

全て攻撃系を選択していきます。

 

  1. 攻撃時に一定確率で攻撃力上昇バフ発動
  2. 攻撃時に一定確率でクリティカル率上昇バフ発動
  3. 攻撃時に一定確率でスキルダメージ上昇バフ発動
  4. ダメージが大きい1撃を受けたときに与ダメ上昇バフ発動

 

敵をスタンさせている間に少しでもダメージを与えたいので、攻撃を重視させます。

 

 

 

注目のアプリ!
10/25(金)にリリースされた美少女×ミリタリーなシミュレーションRPG『アッシュアームズ』。
よくあるゲームかと思いきや、空と陸のコラボあり! ダウンロードはこちらから。

アーチャー

アーチャーは遠隔攻撃であるため、集団戦では他職と比べると被弾率が落ちます。

そのため、回復・支援ではありますが攻撃寄りにすることをおススメします。

 

ただ、本音を言うと、様々な場面で切り替えた方がよいです。

ルビーに余裕があればもう片方の特性を取って臨機応変に対応しましょう。

 

スキル振り

まずアクティブスキル3種をレベル10にします。

残りの2種はレベル1のまま放置でよいです。

 

覚えるアクティブスキルを順にA、B、C、B’、C’とすると

対モンスターには A、B、C を

対人には好みで A、B’、C’ か C、B’、C’ を使用します。

デッキごとに異なるスキル振りができるので、Aデッキを対モンスター、Bデッキを対人にするとよいかと思います。

 

 

次にパッシブスキルですが、優先順位は

 

  1. 攻撃力上昇
  2. クリティカル率上昇
  3. クリティカルダメージ上昇
  4. 被ダメ減少率上昇

 

です。

 

 

アーチャーにはクリティカルに有利なパッシブ特性がないので、攻撃力を優先します。

 

 

 

アクティブ特性選び

アクティブ特性は、覚えていく順に書くと

 

  1. 自分とパーティメンバーの体力が一定量即時回復
  2. 敵に長い間、移動速度減少デバフをかける
  3. 自分とパーティメンバーの被ダメ減少バフをかける
  4. 自分とパーティメンバーの体力を一定量即時回復し蘇生する

 

を選びます。

 

 

最終的にセットするのは

 

  • 自分とパーティメンバーの体力が一定量即時回復
  • 自分とパーティメンバーの被ダメ減少バフをかける
  • 自分とパーティメンバーの体力を一定量即時回復し蘇生する

 

この3つになります。

 

ただ、先にも書いたようにアーチャーのアクティブ特性は場合によって使い分けた方がよいです。

対モンスターなのか、対人なのか、集団戦なのか、ソロなのかによって異なります。

 

 

例えば、対モンスターのソロ戦闘では蘇生つき特性は意味がありません。

また、即時回復より徐々に回復する特性の方が役に立つでしょう。

 

 

臨機応変に特性を選ぶことができれば、さらにアーチャーの可能性を引き出すことができるでしょう。

 

 

 

パッシブ特性選び

全て攻撃系を選択していきます。

 

  1. 攻撃時に一定確率で防御貫通ダメ上昇バフ発動
  2. 攻撃時に一定確率でドレイン効果のあるバフ発動
  3. 攻撃時に一定確率で与ダメ上昇バフ発動
  4. 残り体力が少ないときに与ダメ上昇バフ発動

 

パッシブ特性は攻撃系に偏らせることをおススメします。

回復・支援なので防御系にするのも悪くはないのですが、遠隔攻撃で被弾率を抑えることができるので攻撃寄りにしちゃいましょう。

 

 

 

ガーディアン

最もスキル振り、特性選びが難しい職です。

よく言えば万能職ですが、なかなかその扱いは難しいです。

臨機応変に対応できるように、ルビーを使用して全ての特性を解放するくらいの気持ちでやれる方におススメする職です。

 

スキル振り

まずアクティブスキル3種をレベル10にします。

残りの2種はレベル1のまま放置でよいです。

 

覚えるアクティブスキルを順にA、B、C、B’、C’とすると

対モンスターには A、B、C を

対人には C、B’、C’ を使用します。

ガーディアンはC、C’スキルがめちゃくちゃ強いです。使わない手はありません。

デッキごとに異なるスキル振りができるので、Aデッキを対モンスター、Bデッキを対人にするとよいかと思います。

 

 

次にパッシブスキルですが、序盤の優先順位は

 

  1. 攻撃力上昇
  2. クリティカル率上昇
  3. クリティカルダメージ上昇
  4. 被ダメ減少率上昇

 

です。

 

 

序盤は防御の恩恵を受けにくく、どんな敵も数発殴るだけで倒せるので狩り効率を上げるためにも防御には振らない方がいいです。

 

 

敵が堅くなってなかなか倒せないと感じたり、対人でも被弾が多いと感じるようになったら

 

  1. 攻撃力上昇
  2. 被ダメ減少率上昇
  3. 防御力上昇
  4. クリティカル率上昇

 

こちらに切り替えます。

 

 

 

アクティブ特性選び

アクティブ特性は、覚えていく順に書くと

 

  1. 自分とパーティメンバーの体力が一定量即時回復
  2. 敵に長い間、移動速度減少デバフをかける
  3. 自分とパーティメンバーの被ダメ減少バフをかける
  4. 自分とパーティメンバーの体力を一定量即時回復し蘇生する

 

を選びます。

 

 

最終的にセットするのは

 

  • 自分とパーティメンバーの体力が一定量即時回復
  • 自分とパーティメンバーの被ダメ減少バフをかける
  • 自分とパーティメンバーの体力を一定量即時回復し蘇生する

 

この3つになります。

 

ただ、ガーディアンもアーチャー同様にアクティブ特性は場合によって使い分けた方がよいです。

対モンスターなのか、対人なのか、集団戦なのか、ソロなのかによって異なります。

 

 

例えば、対モンスターのソロ戦闘では蘇生つき特性は意味がありません。

また、即時回復より徐々に回復する特性の方が役に立つでしょう。

 

 

臨機応変に特性を選ぶことができれば、さらにガーディアンの可能性を引き出すことができるでしょう。

 

 

 

パッシブ特性選び

序盤は全て攻撃系を選択した方がよいです。

 

  1. 攻撃時に一定確率でクリ率上昇バフ発動
  2. 攻撃時に一定確率でスキルダメージ上昇バフ発動
  3. 攻撃時に一定確率でクリダメ上昇バフ発動
  4. 敵の残り体力が少ないときに攻撃力上昇バフ発動

 

防御系は被弾が条件となるため、サクサク進められる序盤ではほとんど発動しません。

狩り効率を上げて育成を進めた方がよいです。

 

 

で、装備はもちろんのこと、ルーンやソウルストーン(日本語名称不明)、他のキャラクター育成要素が解放されて防御寄りにしてもよさそうだな、と感じてから防御系に振りなおした方がよいです。

このあたりは課金具合にもよるところなので、万能職らしく臨機応変に対応してください。

そこがこの職の楽しいところです。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

どうやってキャラクターを育成すればいいかわかんないよ~という方に、少しでも参考になれば幸いでっす。

 

 

育成方針意外にも気に留めておいた方がいいことを3つ挙げておきます。

 

  1. メイジ、アーチャーはオート戦闘にすると近接攻撃の間合いで攻撃してしまう
  2. アクティブ特性はオートで使用するかどうかの設定がある
  3. オートターゲットの設定は2つある

 

 

1つ目の遠隔職のオート戦闘時の仕様ですが、対人戦で注意するようにしてください。

手動戦闘にしないと遠隔職のメリットを活かせません。

 

 

2つ目のアクティブ特性の仕様ですが、設定でオート使用をオンにしていると戦闘開幕時にいきなり全部使います。以降はクール明けでガンガン使います。

ブレイダー、メイジならまだいいんですが、HP満タンのときの回復は意味がないです。

職や場面によって設定しなおしましょう。

デフォルト設定はオフです。

 

 

3つ目のオートターゲット設定。敵をターゲットする場合の優先順位を設定することができます。

1つは自分に近い敵。もう1つはHPが少ない敵。

近接職は自分に近い敵を、遠隔職はHPが少ない敵を設定するのがよいでしょう。

忘れずに設定しましょうね。デフォルトは自分に近い敵です。

 

 

それでは、リリースまであと2日。

楽しみに待ちましょう!

 

時間があれば動画をもう1つアップします。

 

それでは、また~。

Twitterでフォローしよう