スポンサーリンク

まさかの採血で羞恥プレイを味わったゆんゆん。

しかし、事件はそれで終わらなかった!? 一体何が起きたのか?

 

 

 

みんな、採血が終わった後の絆創膏って知ってる?

こーんなやつなんだけどさ。

 

絆創膏

 

この子がまた強力なのよ。

え? 何? 話のオチがもう読めたって?

そーだよ。そーなんだけどさ。思った以上に大変だったんだよ!

 

 

 

前回の話を知らない方は、こちらから読んでね。

 

 

 

 

事件はシャワー室で起きた

さすがに40度もの熱が出ると、熱が下がったときの汗のかき方がハンパない。

熱が37度台になった頃。シャワーの許可が出たのであります。

 

 

 

ルンルンルン~♪

私は忘れていた。

アノ場所から採血したことを!

 

 

 

 

 

パンツをおろして思い出した。

 

絆創膏2

 

 

………………

 

 

 

思わず2度見する。

 

絆創膏2

 

はぁ………。

 

 

 

ヤツがいた。自分が想像もしていないところにヤツがいた。

こんなところにいるとは普通思わないじゃん。昨日の羞恥プレイを思い出す。

ううう。思い出したくない。

 

 

しかもさ、皮膚に密着しているならまだいい。

よりによってワカメちゃんを抱きかかえていやがる!

 

 

 

 

 

わかりやすく解説しよう。

パンツを下ろしたら三角関係ができていたのだ。

 

三角関係

 

絆創膏のヤツ。ワカメちゃんを離そうとしない。

ガッチリわしづかみ。

力ずくで引き離そうものなら、皮膚とワカメちゃんが破局しかねない。

 

ヤバい! 抜けちゃうー!

ヤバい! 抜けちゃうー!

 

採血の絆創膏が、ワカメを巻き込むと、こんなにやっかいになるとは、誰が想像していただろうか。

なんなんだ。この粘着力は。

 

 

 

 

 

微熱がある中で考える。

 

  • 事象:想定外のトラブルにより、絆創膏がワカメちゃんとくっついている
  • 目的:絆創膏をはがす
  • 条件:ワカメちゃんが皮膚からはがれるのはNG

 

この問題は実話です。

 

 

 

ぽっくぽっくぽっく…………チーン

 

 

 

 

 

そうだ。ここはシャワー室ではないか。

熱湯で絆創膏をふやかせばいいんだ!

そうと決まれば…。

 

 

 

 

 

熱湯あたーーーっく!

 

熱湯アタック

 

おおお! 絆創膏がふやけていく…。

今がちゃーーーんす!

 

 

 

 

 

はがれた!

いえーい。

 

 

 

大げさな話に思えるかもしれないけど、あの絆創膏。

小さくて操作性ちょー悪いし、粘着力すごいし、マジでやっかいだった。

 

 

 

みんなも健康には注意してねっ。

それでは、また。

Twitterでフォローしよう