【エターナル】5/17 生放送で発表された重要情報のまとめ

5/17(月)に行われた公式生放送。皆さんご覧になられましたでしょうか?

 

今回の生放送では、イベント、第二回攻攻城戦、ならびに前哨戦など、様々な重要な情報が発表されました。

そこで今回は、この生放送内で発表された重要な情報をまとめてみようと思います。

 

 

この記事はアソビモ株式会社様の提供でお送りします。

 

 

 

 

エターナルとは

アソビモ株式会社が開発・運営する超大型”国産”MMORPGになります。

 

キャラデザ『天野喜孝』、主題歌『LUNA SEA』、ゲームサウンド『MONACA』とトップクリエイターが制作に関わっている点でも注目されています。

 

 

公式サイト https://p-eternal.jp/

公式Twitter https://twitter.com/ETERNAL_ASB

 

 

 

主な特徴としては以下が挙げられます。

 

エターナルの主な特徴
  • 各職の役割(防御担当、攻撃担当、治癒担当)が明確である
  • 手動プレイ好きの人、自動プレイ好きの人、それぞれが楽しめるゲームシステム
  • 国産ゲームであるため、運営・開発とのキャッチボールが行いやすい

 

私は第1回のクローズドベータテストからプレイしており、ゲームシステムがかなり好きです。

 

※正式版とは仕様が異なっている部分が多々あるため参考程度に見てください

 

 

少し前にPCでリリースされていたMMORPGに近く、役割をもった各プレイヤーがじっくり腰を据えてモンスターと戦っていくゲームです。

全員がアタッカーになって、オートでさくさく進んでいく今風のスマホMMORPGとはちょっと違います。

 

 

リリース時は、バグ等で不安定な状況ではありましたが、ここでやめてしまうのは非常にもったいないと思うゲームです。

今は改善されてきているので、興味をお持ちの方はプレイしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

5/17(月)の生放送はこちら

5/17(月)の公式生放送では、守田Pが直々に新たな情報を発表してくれました!

アーカイブはこちら。

 

今回は重要だと感じた情報が多々あったので、まとめていこうと思います。

 

 

 

 

新イベント トレハンフェスタ!

5/18(火)のアップデート後から行われる新イベント。

トレハンフェスタが発表されました。

トレハンフェスタのお知らせ

 

 

 

なんと、トレハンフェスタでは新武器(盾も含む)の現物、およびレシピが高難易度ダンジョン:トリントン鉱山やフィールドボス、モブからゲットできるとのこと。

 

トレハンフェスタ内容

 

さらに、新装備は宝石スロットが1つ開いた状態になっているそうです。

これはかなりお得!

 

 

 

 

高難易度ダンジョン:トリントン鉱山の方がドロップ確率が高いとのことなので、がんばってダンジョンを攻略したいところですね。

 

高難易度ダンジョン:トリントン鉱山

 

なお、高難易度ダンジョン:トリントン鉱山は攻略回数のランキングイベントはなし。

また、今後イベントダンジョンに関してはランダムマッチの対象から外すことを検討中。

 

 

 

また、新装備ドロップの対象となるフィールドボス、モブは期間によって異なります。

 

開催期間
  • 期間1 5/18(火)メンテ後 ~ 5/28(金)13:59まで
  • 期間2 5/28(金)メンテ後 ~ 6/8(火)13:59まで

     

    こちらも要チェックですね。

     

     

     

     

    宝石スロットについて

    宝石スロットについて補足します。

    宝石スロットは武器(盾も含む)についています。

    宝石スロット

     

     

     

    アイテム成長の宝石装着にいくと…。

    宝石装着

     

     

     

    このように宝石装着の画面に移ります。

    しかし、宝石スロットはドリルをつかって穴を開けなければ宝石を装着できません。

    なおドリルは、穴の色にあわせて用意する必要があります。(赤い穴なら赤いドリルが必要)

    ドリルを使って穴を開ける

     

    今回のイベント装備は、このスロットが最初から1つ開いているというわけです。

     

     

     

    穴が開いたら、宝石を装着すればステータスを上げることができます。

    宝石を装着しました

     

    画面では放送ではクリティカルを例に行いましたが、ジョブによっては治癒量増加など、自ジョブに効果的なステータスを選ぶとよいかと思います。

     

     

     

     

    ログインボーナス

    期間中、ログインするだけで10分間モブドロップ率が2倍になるポーションがもらえます。

    毎日ログインすれば7個もらえます!

    ログインボーナス

     

    これを有効活用して、新武器をゲットしたいところですね。

     

     

     

     

    項目ごとの1位に表彰&プレゼント

    イベント終了後、各項目の1位の方に、表彰&プレゼント!

    表彰あり!

     

    表彰ってのはすごいですね。

     

     

     

     

    第二回攻城戦について

    5/29(土)に開催される第二回攻城戦。

    公式サイト 【お知らせ】第二回攻城戦のお知らせ

     

    第二回攻城戦

     

    今回も、5/29(土)15:45から生放送が行われます。

     

    第二回攻城戦に向けて、前哨戦と、攻城戦の仕様変更について説明がありました。

     

     

    前哨戦について

    今回は、攻城戦に参加するにあたって前哨戦が行われるというのがポイント。

    公式サイト 【お知らせ】前哨戦のお知らせ

     

    前哨戦とは

     

     

     

    内容は、ダンジョンの攻略時間NPCへの報告時間を競うものとなっています。

    タイムアタックの内容

     

     

     

    ダンジョン入場受付と、報告NPCの場所はこちら。

    ダンジョン入場受付と報告NPC

     

     

     

    ダンジョン入場受付NPCの場所の目安。

    ダンジョン入場受付NPCの場所の目安

     

     

     

    報告NPCの場所の目安。

    報告NPCの場所の目安

     

    結構距離がありますね。

    これはルート取りが重要そうです。

     

    布告金に関しては、追って情報をお知らせしますとのことでした。

     

     

     

     

    攻城戦のギミック変更について

    第二回攻城戦では、これまでの攻城戦の内容を受け、仕様変更が行われます。

    かなり重要な内容なので、要チェックです。

     

     

    城壁キャノンの仕様変更

    城壁キャノンのプレイフィール改善のため、いくつかの変更が行われます。

    城壁キャノンの仕様変更

     

    城壁キャノンの変更点
    • 1人で装填、発射できるように変更
    • 攻撃対象が攻城兵器本体のみに変更(攻城兵器周辺を削除)
    • の城壁キャノンは中央と東の攻城兵器を攻撃対象として選択可能
    • 中央の城壁キャノンはすべての攻城兵器を攻撃対象として選択可能
    • 西の城壁キャノンは中央と西の攻城兵器を攻撃対象として選択可能
    • 城壁キャノン着弾時に周囲のプレイヤーにダメージを与えることが可能
    • 起動時にかかるキャストタイムを10秒から5秒に変更
    • 砲撃クールタイムを40秒から25秒に変更
    • 1撃あたりの威力を弱体化

     

     

     

     

    攻城兵器の仕様変更

    攻城兵器にも仕様変更が行われます。

     

    攻城兵器の変更点
    • 攻城兵器の攻撃対象として、城内が選択肢からなくなります
    • 攻城兵器は門と、他の攻城兵器のみを攻撃可能になります

     

     

     

     

    油釜の仕様変更

    油釜についての変更内容がこちら。

    油釜

     

    油釜の変更点
    • クールタイムを25秒から15秒に変更
    • 第二城門直上の油釜は25秒のまま

     

     

     

     

    開門レバーの仕様変更

    開門レバーに関する変更点がこちら。

    開門レバー

     

    開門レバーの変更点
    • 開門に必要なレバーの数を1つから2つに変更

     

     

     

     

    シールド発生装置の削除

    シールド発生装置が攻城戦のギミックから削除されます。

     

     

     

     

    バフ発生装置の追加と仕様(重要)

    バフ発生装置が新たに追加されます。

    バフ発生装置

     

    バフ発生装置の仕様
    • 装置を起動したプレイヤーが所属する陣営全体にバフをかける
    • バフの種類は物理攻撃力10%アップ、魔法攻撃力10%アップ、物理防御力10%アップ、魔法防御力10%アップ、移動速度10%アップでどれか1つを選ぶ
    • バフは選択肢の中から1つを選び、起動キャスト完了後に適用される(攻撃を受けるとキャンセルされる)
    • 設置場所は玉座の間の手前、両脇2ヶ所
    • バフは同じ効果のものを2つかけると重なる(例:物防10%アップ×2で20%アップになる)
    • 効果時間は2分、クールタイムは7分

     

     

     

     

    防衛NPCの追加

    城内を中心に防衛NPCが配備されます。

    防衛NPC

     

    防衛NPCの追加
    • 城内を中心に防衛NPCが配備される
    • 防衛NPCに1度見つかると、どこまでも追いかけてくる
    • 1度倒せば再POPはしない

     

     

     

     

    ログ、UIの改善

    ログ、UIの改善が行われます。

    ログ、UIの改善

     

    ログ、UIの改善
    • ギミックの起動や、開門がシステムログに表示されるようになる
    • キルデス通知が表示されるようになる(システムログには表示されない)
    • 名前表示が味方が青、敵が赤になる

     

     

     

     

     

    アークロア共有化について

    これまでも何度かアークロア共有化についての説明がありましたが、あらためて説明がありました。

    公式サイト 【お知らせ】「アークロア共有化」についてのお知らせ

     

     

     

    各アークロアのレベル、そしてデッキレベルはアカウントで所有しているキャラの最大値が適用されます。

    アークロア共有化1

     

     

     

    アークロア共有化作業にともない、アークロアボックス、アークロア素材ボックスは使用しておくこと。

    アークロア共有化2

     

     

     

    そして今回、共有化が行われる日程が発表されました。

    5/25(火)に共有化実施

     

    先にも書いたアークロアボックス、アークロア素材ボックス5/25(火)までに必ず使うようにしましょう。

     

     

     

     

    ガンナー実装日について

    最後は少し残念なお知らせ。

    ガンナー実装について

     

    ガンナーの実装はバランス調整に時間がかかっており、6月下旬に延期となりました。

    ガンナー実装時にサブキャラ枠が1つ追加される予定とのこと。

    こちらは嬉しい情報ですね。

     

     

     

     

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    今回の生放送は重要な情報が盛りだくさんでした。

     

     

    まず、イベントでドロップするという新武器!

    宝石スロットが1つあいているということでかなりお得。

    これはぜひゲットしたいところですね。

     

     

     

    そしてそして。前哨戦!

    意外とNPCへの報告が、距離があって大変そう。

    これはルート取りがかなり重要になりそうですね。

    サーバーによってはPKなどによる妨害もあるんでしょうか。

     

     

     

    さらに、攻城戦!

    今回は仕様変更がかなり入ります。

    特にバフ発生装置の場所がいやらしいところですね。

    これまで、攻防戦は玉座の間の前や、中で行われることが多かったんですが、これにより戦場が変わることになりそうです。

    どんな戦術、戦いが起こるのか楽しみです。

     

     

     

    ガンナーの実装は6月下旬に延期となり、やや残念なところ。

    ウォーリアの育成をやめ、金策、強化アイテム集めをコツコツやっていた私には、あと1ヶ月は長いっ!

    くぅ、ウォーリアを育成した方がいいのか…。悩むぅぅぅ。

     

     

    それでは、また。

    スポンサーリンク



    Twitterでフォローしよう