【エターナル】爆笑! 第零回攻城戦(軍団名声の部その1)

2/27に開催された第零回攻城戦。

皆さん、ご覧になられましたでしょうか?

え? まだ見てないだって?

確かに放送は9時間を超える大ボリュームでしたからねー。

というわけで今回は、第零回攻城戦の軍団名声の部の前半2試合をダイジェストでお伝えしようと思います。

 

その他の試合はこちらの記事を参照してね。

 

 

 

この記事はアソビモ株式会社様の提供でお送りします。

 

 

 

 

エターナルとは

アソビモ株式会社が開発・運営する超大型”国産”MMORPGになります。

 

キャラデザ『天野喜孝』、主題歌『LUNA SEA』、ゲームサウンド『MONACA』とトップクリエイターが制作に関わっている点でも注目されています。

 

 

公式サイト https://p-eternal.jp/

公式Twitter https://twitter.com/ETERNAL_ASB

 

 

 

主な特徴としては以下が挙げられます。

 

エターナルの主な特徴
  • 各職の役割(防御担当、攻撃担当、治癒担当)が明確である
  • 手動プレイ好きの人、自動プレイ好きの人、それぞれが楽しめるゲームシステム
  • 国産ゲームであるため、運営・開発とのキャッチボールが行いやすい

 

私は第1回のクローズドベータテストからプレイしており、ゲームシステムがかなり好きです。

 

※正式版とは仕様が異なっている部分が多々あるため参考程度に見てください

 

 

少し前にPCでリリースされていたMMORPGに近く、役割をもった各プレイヤーがじっくり腰を据えてモンスターと戦っていくゲームです。

全員がアタッカーになって、オートでさくさく進んでいく今風のスマホMMORPGとはちょっと違います。

 

 

リリース時は、バグ等で不安定な状況ではありましたが、ここでやめてしまうのは非常にもったいないと思うゲームです。

今は改善されてきているので、興味をお持ちの方はプレイしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

第零回攻城戦とは?

攻城戦とは、軍団(ギルド)vs軍団(ギルド)の大規模対人戦です。

今回は第零回ということで、お披露目会的なちょっと特殊な位置づけになっていました。

参加軍団の選出法や、ルール、報酬が今回は特別。

今回はテストを兼ねたプレマッチってところですかね。

 

公式攻城戦解説サイト https://gvg.p-eternal.jp/

 

 

攻城戦詳細説明動画

 

 

第零回攻城戦 公式生放送

 

 

 

 

 

軍団名声の部 前半のダイジェスト!

細かい試合の内容は動画を見ていただくとして、ここでは軍団名声の部の前半の注目シーンをまとめてお送りしようと思います!

 

 

第1試合 レンブラントサーバー

第1試合はレンブラントサーバーの軍団名声上位4軍団による戦いでした。

 

出場軍団はこちら。

  • 防衛:CrystalCore(軍団名声5位)
  • 攻撃:Godfather(軍団名声6位)
  • 攻撃:フルーツタルトだんヽ(*≧ω≦)ノ(軍団名声7位)
  • 攻撃:Phoenix(軍団名声8位)

 

第1試合 出場軍団

第1試合 出場軍団

 

 

試合前…

さぁ、試合前の各軍団の様子を…。

と思いきや、何やらケンラウヘルさんが何か気づいた様子。

何かに気づくケンラウヘルさん

何かに気づくケンラウヘルさん

 

 

 

 

不安げなケンラウヘルさんに、なぜか自身満々の守田P。

なぜか自身満々の守田P

なぜか自身満々の守田P

 

 

 

 

ほら、あれ見て?

あれ?

あれ?

 

 

 

 

思わずネタを披露する反王ケンラウヘルさん。

火の呼吸 第壱の型?

火の呼吸 第壱の型?

 

どうやら、受付NPCが公式サイトで告知されているものと攻防で入れ替わっており、それで入場に混乱を招いた様子。

 

 

 

 

試合開始!

そんなこんなで入場がドタバタしたものの試合開始!

試合開始!

試合開始!

 

 

 

 

ケンラウヘルさんが操作するカメラで、Godfatherを追いつつ、攻城兵器などの説明が。

攻城兵器などの説明

攻城兵器などの説明

 

 

 

 

そしてカメラは守田Pへ。

ケンラウヘルさんのするどいツッコミが光る!

ケンラウヘルさんのするどいツッコミが光る!

 

 

 

 

さらにケンラウヘルさんの指摘が続く。

システムログを消しなさいと怒られるプロデューサー

システムログを消しなさいと怒られるプロデューサー

 

司会に怒られるプロデューサー。

 

 

 

 

そしてようやく、守田Pのカメラがフルーツタルトだんヽ(*≧ω≦)ノ(以下フルーツタルトだん)をとらえます。

タルトだんが読めない守田P

タルトだんが読めない守田P

 

ここで意外なまでのポンコツぶりを見せてしまう守田Pと、するどいツッコミをするケンラウヘルさんに会場は爆笑したのでした。

 

 

 

 

ようやく戦況解説に?

ここで、ようやく戦況解説に?

起動カード、弾薬を集めるフルーツタルトだんと、Godfather

起動カードと弾薬集め

 

 

 

 

そしてイチ子さんの様子を…。

まだ入場できてないです

まだ入場できてないです

 

おおっと!?

 

 

 

 

ハプニングは続きます。

GMコマンドの不具合で、戦場内をワープできないことが発覚。

ケンラウヘルさんがせっせと梯子を登って、城内の様子を見に行くことに。

まさかの突風発生装置でダメージを食らうGMキャラクター

まさかの突風発生装置でダメージを食らうGMキャラクター

 

落下死しそうになり、あせるケンラウヘルさん。

 

 

 

 

そういうことは早く言ってよ!

そういうことは早く言ってよ!

 

GMキャラは死なないらしい。

 

 

 

 

場面は変わって、こちらは攻城兵器内。

攻城兵器内の戦い

攻城兵器内の戦い

 

攻城兵器を守るNPCと戦っています。

このNPCを倒し、起動カード弾薬があれば攻城兵器を使うことができます。

 

 

 

 

そして、早速攻城兵器を使って城門を攻撃! ・・・ と思いきや?

味方の攻城兵器を攻撃してしまうハプニング

味方の攻城兵器を攻撃してしまうハプニング

 

なんと味方の攻城兵器を攻撃してしまうハプニング!

さすが初戦。何が起こるかわからない!!

 

 

 

 

ここで、すぐに過ちに気づき、城門への攻撃へ修正。

城門への攻撃に修正!

城門への攻撃に修正!

 

一瞬、どうなることかと思いました。

 

 

 

 

さらに場面は変わり、こちらはイチ子さんのカメラ。地下の弾薬庫です。

イチ子さん:1人、お亡くなりになられている方がいます。

スケベ椅子!

スケベ椅子!

スケベ椅子ーーーーー!

この試合での瞬間最高視聴率をマークしました(嘘です)。

 

 

 

 

さ、気を取り直して…。

攻城兵器から城門への攻撃が続きます。

ここで、ケンラウヘルさんが質問。

もりたぁぁぁ!

もりたぁぁぁ!

 

ケンラウヘルさん:もーーー! そういうところがユーザーを不安にさせるんでしょ!

何でも正直にポロっと言ってしまう守田P(笑)

本当は、装填した弾薬の数によって変わるので、一概には言えないそうです。

 

 

 

 

さて、ここでカメラがようやく防衛軍団をとらえます!

1人で黄昏る重戦士ウェイトさん

1人で黄昏る重戦士ウェイトさん

 

1人で黄昏る重戦士ウェイトさん。

 

 

 

 

戦況が動き出す

ここで戦況が動き出します。

なんと、東門が破られている(開いていた?)ことが判明!

東門が開いている!

東門が開いている!

 

 

 

 

そして、Godfatherが第二城門へ攻撃を開始。

しかし城門のHPが高く、壊れる気配がありません。

プレイヤーの攻撃で城門を破壊するのは厳しいか!?

プレイヤーの攻撃で城門を破壊するのは厳しいか!?

 

 

 

 

すると、Phoenixメイ路さんが、開門レバーを使用するというファインプレー!

メイ路さんのファインプレー!

メイ路さんのファインプレー!

 

 

 

 

開門したことにより、状況は一変。

戦いの舞台は玉座の間へと移ります。

戦いの舞台は玉座の間へ

戦いの舞台は玉座の間

 

大人数バトルが無事発生し、安心するケンラウヘルさん。

守田P:そのカメラ(ワーク)すごいですね。

そこかい!(笑)

 

 

 

 

ここで、一瞬の隙をついて、Phoenixの軍団長のKenさんが玉座に着席!

勝負をかけるPhoenix

勝負をかけるPhoenix

 

ここから3分間、着席を維持すればPhoenixの勝利です。

しかし、着席時間を確認する手段がゲームシステムにないことが判明。

急遽ケンラウヘルさんのiPhoneで時間を計測することに。

このあたりはシステムの改善が必要ですね。

 

 

 

 

さぁ、現在はこのような状況。

現状

現状

 

フルーツタルトだん、Godfatherは反逆しないと、Phoenixの着席を止めることができません。

 

 

 

 

玉座周辺の戦いが熱くなってきました。

回復と攻撃が入り乱れます!

回復と攻撃が入り乱れます!

 

なお、攻城戦は入場時点でHPが20,000増加、着席により軍団長はさらにHPが30,000増加します。

現在、KenさんのHPは82,889です。非常に堅い!

 

 

 

 

ここでGodfatherが反逆!

Godfatherが反逆!

Godfatherが反逆!

 

 

 

 

対立関係が次のように変化します。

対立関係が変化!

対立関係が変化!

 

 

 

これでGodfatherPhoenixを止めることができるか!?

 

 

 

Phoenixの回復が厚い!

Phoenixの回復が厚い!

 

しかし、Phoenixの回復が1枚上の様子。

KenさんのHPが全く減りません。残り着席時間は1分を切っています。

 

 

 

 

各軍団の残り人数は…。

各軍団の残り人数

各軍団の残り人数

 

攻城戦では1回戦闘不能になると、プリーストの蘇生でしか復活する手段がありません。

また蘇生のクールタイムは60分(特性によっては30分)であるため、復帰するのは困難です。

 

 

 

CrystalCoreの防衛ラインは既に崩壊。GodfatherPhoenixの着席を止めることができるか!?

 

 

 

・・・・・・・・・

 

 

 

試合終了!

試合終了!

 

ここで試合終了!

 

 

 

Kenさんがこのまま着席を3分続け、見事Phoenixの勝利となりました!

おめでとうございます。

4軍団の皆さん。お疲れさまでした!

 

 

 

 

第2試合 アステルサーバー

第2試合はアステルサーバーの軍団名声上位4軍団による戦いでした。

 

出場軍団はこちら。

  • 防衛:光の旅団(軍団名声3位)
  • 攻撃:ベルデオスクロ(軍団名声4位)
  • 攻撃:ぴあの酒場(軍団名声6位)
  • 攻撃:反王親衛隊(軍団名声8位)

 

第2試合 出場軍団

第2試合 出場軍団

 

 

 

 

第1試合を終えて…

なんでも正直に素でポロっと喋ってしまう守田P。

そしてそれにするどいツッコミをするケンラウヘルさん。

このテンポに会場、そして視聴者は魅了されていくのでした。

 

 

 

なるほど、守田Pは人が良すぎて余計なことを喋ってしまうのか。

それに対するケンラウヘルさんのツッコミがすごい!

不具合すらも笑いに変えてしまう姿に、心打たれた方も多かったのではないでしょうか。

明らかに空気が変わりました。

 

 

 

さぁ、第2試合です。

第2試合は、ケンラウヘルさん率いる反王親衛隊の登場です!

そしてそう。私が所属する軍団でもあります!

私の勇姿を見るがいい!

 

 

 

 

試合参加のために退出するが…

試合参加のために退出するケンラウヘルさんではありますが…。

退出しても存在感が強いケンラウヘルさん

退出しても存在感が強いケンラウヘルさん

 

マイクをはずしているはずなのに…。

席をはずしたはずなのに…。

ケンラウヘルさんの声が聞こえてくるのでした。

 

 

 

 

試合開始っ!

インターバルの間に「守田Pは彼氏いるんですか?」イチ子さんから謎の質問が飛ぶ場面がありましたが、そんなこんなで第2試合開始!

第2試合開始なのであります

第2試合開始なのであります

 

 

 

 

さてさて、ここでまたイチ子さんの天然が炸裂します。

全部足して50人?

全部足して50人?

 

 

全部足して50なわけがない

全部足して50なわけがない

 

 

イチ子ぉぉぉ!

29 + 18 + 24 + 16 が 50 かぁぁぁ!?

攻撃チームだけでももっといくぞぉぉぉ。

 

 

 

 

そして…。

無人の戦場

無人の戦場

 

無人の戦場が流れる…。

相変わらず戦場内をワープするGMコマンドが使えず、プレイヤーを探すのに苦しむ。

がんばれ守田P。負けるなイチ子!

 

 

 

 

ここで、イチ子カメラがぴあの酒場をとらえます。

ぴあの酒場が攻城兵器内を制圧

ぴあの酒場が攻城兵器内を制圧

 

西側にある攻城兵器を制圧していました。

 

 

 

 

一方、その頃、東城壁ではある出来事が起きていた。

転がる死体

転がる死体

 

なんと、反王親衛隊の作戦が遂行されていたのである。

反王親衛隊の作戦はこうだ。

 

反王親衛隊の作戦
  • まず攻城兵器に手を出すであろう他チームを横目に、東城壁の梯子を目指す
  • 梯子を登って城壁上の敵を撃破(人数差を作って殲滅する)
  • このまま城内に攻めると人数差で負けてしまうので、城壁上で敵をおびき寄せて徐々に人数差を減らす
  • 城門はあえて内側から開けず、チャンスがあればそのまま玉座を奪う
  • プランBとして、攻撃の他チームが城内に侵入した場合は、他チームが玉座を取りに行ったところで強襲をかけ玉座を奪う

 

しかし、現実は大変だった。

そう、梯子を登るのが想像以上に難しい!

梯子を登るのに失敗し落下死。3名もの尊い犠牲を出してしまった。

ちなみに、今大会最速の死亡記録である。

 

 

 

 

悲劇はこれだけで終わらない!

梯子から落下してしまう守田P

梯子から落下してしまう守田P

 

 

反王親衛隊の後を追えない守田カメラ。

 

 

泣きの一言

泣きの一言

 

守田P:梯子はこれ…。絶対に調整が必要ですね。

みんな、改善が決定したぞ!(笑)

 

 

 

 

ゲリラ作戦を行う反王親衛隊。正攻法で攻城兵器で城門を攻撃するぴあの酒場。

そしてGMコマンドが使えない守田Pと、イチ子さん。

攻城兵器で城門を攻撃するぴあの酒場

攻城兵器で城門を攻撃するぴあの酒場

 

この後の展開はいかに!?

 

 

 

 

反王親衛隊の快進撃

守田Pがせっせと梯子を登っていると、何やら声が聞こえます。

ケンラウヘルさんの雄叫び

ケンラウヘルさんの雄叫び

 

そうです、ケンラウヘルさんの雄叫びが聞こえるんです。

何やら反王親衛隊の作戦がはまり快進撃がはじまった様子。

 

 

 

 

ここで、守田Pのカメラが反王親衛隊の姿をとらえます。

反王親衛隊の姿をとらえる!

反王親衛隊の姿をとらえる!

 

生きる力 ティッシュ

 

 

まさかのパワーフレーズにツボるイチ子さん。

 

 

 

そして反王親衛隊の本体を発見!

梯子を登り切った精鋭は12人

梯子を登り切った精鋭は12人

 

 

 

え? 私はどうしていたかって?

 

ウォーリアのみんな。

城壁の上で強襲、ライダーキックだけは気をつけろ!

 

 

 

 

反王親衛隊の作戦により、勢力分布が大きく変わります。

勢力分布が変わる!

勢力分布が変わる!

 

  • 防衛:光の旅団 29人 ⇒ 16人
  • 攻撃:ベルデオスクロ 18人 ⇒ 17人
  • 攻撃:ぴあの酒場 24人 ⇒ 23人
  • 攻撃:反王親衛隊 16人 ⇒ 12人(死因:梯子と強襲)

 

 

反王親衛隊の快進撃は続くのか!?

 

 

 

 

戦いは玉座の間へ

光の旅団の人数を削った反王親衛隊ですが、数的アドバンテージを伸ばすことができず、攻めあぐねます。

 

 

その隙に、今度はぴあの酒場が城門を破ります。

ぴあの酒場が城門を破ります

ぴあの酒場が城門を破ります

 

 

 

 

これを皮切りに、部隊は玉座の間へと移ります。

最初に玉座の間を制圧したのはベルデオスクロ。

最初に主導権を握ったのはベルデオスクロ

最初に主導権を握ったのはベルデオスクロ

 

 

 

すぐさま軍団長のカピバラ先生さんが着席します。

カピバラ先生さんが着席!

カピバラ先生さんが着席!

 

 

 

 

これを見て、ぴあの酒場、反王親衛隊が反逆。

ぴあの酒場、続いて反王親衛隊が反逆!

ぴあの酒場、続いて反王親衛隊が反逆!

 

 

対立関係はこのようになりました。

対立関係

対立関係

 

お互いの軍団が敵同士というカオスな状況!

 

 

 

 

カピバラ先生さんのHPは105,057

カピバラ先生さんのHPは105,057

 

カピバラ先生さんのHPは 105,057 です。これはかなり堅い!

しかし不運にも、回線切断により? 落ちてしまった様子。

 

 

 

 

代わって着席したのは、ぴあの酒場のりえがさん。

ぴあの酒場ののりえがさんが着席!

ぴあの酒場のりえがさんが着席!

 

のりえがさんのHPは91,145

のりえがさんのHPは91,145

 

のりえがさんのHPは 91,145 です。さぁ、どうなる!?

 

 

 

倒しきるか!?

倒しきるか!?

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

ぴあの酒場の勝利!

ぴあの酒場の勝利!

 

結果はぴあの酒場の勝利となりました! おめでとうございます。

終盤、のりえがさんのHPを削ったものの、回復が厚く、最後まで削り切れませんでした。

4軍団の皆さん。お疲れさまでした。

 

 

 

 

反王親衛隊の作戦の様子はこちらでも確認できます。ぜひ見てね!

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

第零回攻城戦の軍団名声の部の前半をまとめてみました。

 

 

いろんなところにネタが散りばめられていましたね(笑)

守田Pの人柄も徐々にあらわになり、会場の雰囲気もあたたかくなってきました。

さぁ、次回は第零回攻城戦後半です。

 

 

時間がなくて、放送を見られなかったという方。

もう1度、大会の雰囲気を味わいたいなという方。

ぜひぜひお楽しみに!

それでは、また。

スポンサーリンク



Twitterでフォローしよう