スポンサーリンク

バトルロイヤルの職選び。

あれ? あの職ってどんなスキルがあったっけ? とかってなりません?

 

いろんな職をやってみたいけど、どういう動きができるのかよくわかんないんだよなー。

 

 

というわけで、いい教科書として公式動画の職紹介があるので、これをテキストに書き起こす感じで要点をピックアップしていきますね。

 

今回は、槍・二刀流職でーす。

 

その他の職の解説はこちら。

 

 

ウォーロード

1度に攻撃できる相手を増やすことができるのが最大の特徴。

そして、広範囲の相手に足止めスキルをばらまくことができる。

ウォーロード注目スキル
  • マジョリティースウィープ(アクティブスキル、クールタイム30秒)

ウォーロードの存在意義を最もアピールできるスキル

1度に攻撃できる相手が3体増える

スキルレベル30で、攻撃速度4.24%増加

※リネレボは基本的に通常攻撃は3体、スキルは4体の敵に攻撃があたる

 

パーティメンバーにかけることができるバフ(効果時間15秒)

 

スペルシンガーのブリザードストームをさらに凶悪にさせる

パラディンのヴェンジェンスとも相性がいいとされる

メテオは6体にあたるスキルなので、なんと9体にあたるようになる

その他、様々なスキルを凶悪にする

槍を選ぶか? 二刀流を選ぶか?

 

  • スピアマスタリーで槍を装備している場合攻撃力3%アップ
  • 槍の方が攻撃範囲が広いため、マジョリティスウィープの恩恵を受けやすい

 

この2つの理由から槍の方がおススメ。

ただ、二刀流は攻撃速度が早いので使い方次第で十分アリ。

 

 

スポンサーリンク

ソードシンガー

サポート職として非常に優秀な職。

 

自分で積極的に殴りにいくというより、味方を強化しながらシリエンナイトなどのいやらしい職をソニックストームで牽制する。

ソードシンガー注目スキル
  • リズムオブコンバット(アクティブスキル、クールタイム40秒)

特別な理由がない限りセットしておきたいスキル

パーティメンバーにかけることができるバフ

 

効果時間90秒、クールタイム40秒なので常時かけていられる

スキルレベル30で、物理/魔法両方の攻撃力・防御力が5,243増加

全職中最も効果が大きいとされるバフ

 

 

 

  • ソングオブハンター(アクティブスキル、クールタイム60秒)

味方のクリティカルを上げることができる唯一のスキル

パーティメンバーにかけることができるバフ(効果時間30秒)

スキルレベル30で、クリティカル10.31%増加、クリティカルダメージ16.22%増加

 

セットすべきかどうかはパーティメンバーによる

クリティカルが重要なウェイトを占めるアビスウォーカーと相性がいい

 

ただし、バトルロイヤルのアビスウォーカーにはパッシブスキルのクリティカルパワーがついていない!

バトルロイヤルではアビスウォーカー&ソングオブハンターの組み合わせは優先度が落ちる

 

 

     

    • ソニックストーム(アクティブスキル、クールタイム20秒)

    弓なみに射程が長いスキル

    スキルレベル30で、攻撃力の212.05%+32,222のダメージ (弱い!)

    2.5秒間ノックダウンの追加効果

    攻撃スキルを入れるなら、ソニックブラスターよりもこちら

    バトルロイヤルではできないが、同じ装備でデッキを2つ用意して立ち回るのが良い。

     

    【例】

    デッキ1のスキル構成(リズムオブコンバット用)

    • リズムオブコンバット
    • ソングオブハンター
    • ソニックストーム

     

    デッキ2のスキル構成(通常用)

    • ラッシュインパクト
    • ソングオブハンター
    • ソニックストーム

     

    最初にデッキ1でリズムオブコンバットを使い、デッキ2に切り替える。

    リズムオブコンバットの効果が続いている間はデッキ2で戦う。

    (リズムオブコンバットのクールタイムである40秒が経過するとラッシュインパクトが使えるようになる)

    以下繰り返し。

     

    リズムオブコンバットは効果時間が90秒と非常に長いので、このようにデッキを使い分けることで攻撃スキルを有効に使うことができる。

     

    なお、バトルロイヤルにはパッシブスキルであるエスプリ(クリティカル増加の効果)がない。

     

     

    ブレードダンサー

    アタッカーとしてもバッファーとしても超高性能な職。

    ぶっちぎりの人気No.1職である。

    ブレードダンサー注目スキル
    • ホワールウィンド(アクティブスキル、クールタイム22秒)

    スキルレベル30で、攻撃力の261.05%+37,668のダメージ

    2秒間ノックダウンの追加効果

     

    自分を中心とした円形範囲攻撃で、技の出がすごく早くあてやすい

    攻撃の初手として選ぶならこっち

     

     

     

    • ハリケーンストーム(アクティブスキル、クールタイム20秒)

    スキルレベル30で、攻撃力の53.05%+6,422のダメージとなる攻撃を7回行う

    7秒間、自身の移動速度16.22%増加

    3秒間、相手の移動速度44.14%減少

    他の職と比較してもかなり攻撃力が高いスキル

     

    自分が逃げるときや、逃げている相手を追いかけて倒しきるときに使う

    初手として使うのはホワールウィンドの方!

     

     

     

      • ダンスオブウォリアー(アクティブスキル、クールタイム60秒)

      物理攻撃力があがるスキル(魔法攻撃力はあがらない!)

      パーティメンバーにかけることができるバフ(効果時間40秒)

      スキルレベル30で、物理攻撃力8,067増加

       

      物理攻撃力があがるスキルなので、魔法攻撃を主体としたパーティには効率的ではない

      ソードシンガーの項目で補足したようなデッキを複数用意し、場面に応じた使い分けをすることがブレードダンサーでも有効。

       

      ブレードダンサーになって使えるようになる4つのスキルはどれも有効なので、パーティ編成によって使い分ける。

       

       

      弓職がパーティメンバーにいる場合は、物理攻撃力、攻撃速度をあげるとよい。

      要塞戦で防御塔を壊すパーティの場合は、攻撃速度をあげると効果が大きい。

       

       

      スレイヤー

      敵陣に斬りかかり殴り合える職。最前線向き。

      ガーディアン注目スキル
      • パワースマッシュ(アクティブスキル、クールタイム24秒)

      微妙なスキル

      スキルレベル30で、攻撃力の221.05%+29,512のダメージ

       

      スキルの出が非常に遅い

      そんなに攻撃範囲が広いわけでもない

       

      ラッシュインパクトの方がおススメ

      リープアタックでつっこみ、殴り合った後にラッシュインパクトで離脱する

       

       

       

      • リープアタック(アクティブスキル、クールタイム20秒)

      集団戦においてめちゃくちゃ優秀なノックダウンスキル

      最大6mの範囲内の敵にジャンプして、範囲内の相手にダメージを与える

      スキルレベル30で、攻撃力の201.05%+28,244のダメージ

      2.5秒間ノックダウンさせる

       

       

         

        • ラッキーバーサーカー(パッシブスキル)

        非常に優秀なパッシブスキル

        攻撃成功時に8%の確率で発動する

        スキルレベル30でパーティメンバーの攻撃速度が28.29%あがる(効果時間6.5秒)

         

        なんとブレードダンサーのダンスオブヒューリーより上昇率が高い

        槍を選ぶか? 二刀流を選ぶか?

         

        • スピアマスタリーで槍を装備している場合攻撃力3%アップ
        • 二刀流の場合、攻撃速度が早いので攻撃成功時に発動する2つのパッシブスキルが発動しやすい

         

        この選択となる。

        パッシブが非常に優秀なので、二刀流の方がやや有利。

         

         

        要塞戦のパーティ編成では、優秀なパッシブで攻撃速度をあげることができるため防御塔を素早く壊すパーティにむいている。

         

        ブレードダンサー、スレイヤー、短剣職で速攻で防御塔を壊すとよい。

        さらに、シリエンエルダーのエンパワーで5秒間延命すれば防御塔を高確率で壊すことが可能。

         

         

         

        まとめ

        今回は槍・二刀流職の特徴的なスキルや使い方について、あらためてまとめてみました。

         

        バトルロイヤルに注目すると、ブレードダンサー、スレイヤーをよくみかけます。

        どちらも十分に活躍できる職です。

        ソードシンガーはやや不遇か。

         

         

        どの職も要塞戦で非常に活躍できますが、パーティに影響を及ぼすスキルが多いため、お互いがスキルの特徴を理解しておくことが重要です。

         

         

        次回は短剣職について見ていきます。

        それでは、また。

        Twitterでフォローしよう